プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』キャスト発表 鬼太郎役は荒牧慶彦 ねこ娘役は上坂すみれ ねずみ男役は藤井隆

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』のビジュアル (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション (C)舞台「ゲゲゲの鬼太郎」製作委員会の画像

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』のビジュアル (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション (C)舞台「ゲゲゲの鬼太郎」製作委員会

 東京・明治座で2022年7月29日~8月15日に上演される舞台『ゲゲゲの鬼太郎』の出演キャストが発表された。ゲゲゲの鬼太郎役は荒牧慶彦、ねこ娘役は上坂すみれ、ねずみ男役は藤井隆が務める。

【画像】イケメン&美女すぎ!鬼太郎&ねこ娘役の荒牧慶彦&上坂すみれ

 『ゲゲゲの鬼太郎』は、1965年『週刊少年マガジン』の連載に始まり、漫画、アニメ、映画、小説、ドラマ、ゲームなど、半世紀以上にわたって多くの人に愛され続けてきた不朽の名作。登場する妖怪たちの多くは日本古来より伝承された存在で、作者である水木しげるさんが新たな解釈やデザインのアレンジを加えたことで妖怪そのものが広く周知されるようになり、日本の妖怪伝承において大きな影響を与えた作品と言われている。

 2022年夏、水木しげる生誕100周年に、東京の劇場・明治座にて、舞台『ゲゲゲの鬼太郎』を上演。舞台版でも鬼太郎と妖怪たちが織りなす“奇奇怪怪なストーリー”を展開し、主人公で、妖怪の中でも強い力をもった幽霊族最後の生き残りであるゲゲゲの鬼太郎役には、舞台『刀剣乱舞』シリーズや『MANKAI STAGE A3!』など、数多くの舞台に出演する俳優の荒牧慶彦。猫の妖怪であるねこ娘役は、アニメ「中二病でも恋がしたい!」、「スター☆トゥインクルプリキュア」など人気アニメに出演する声優アーティストの上坂すみれ。常に問題を引き起こす物語のトリガーとなるねずみ男役は、芸人のみならず歌手や俳優としてもマルチに活躍中の藤井隆が担当する。

■荒牧慶彦(ゲゲゲの鬼太郎役)コメント
「小さいころから当たり前のように自分も皆も知っていた作品。「ゲゲゲの鬼太郎」。アニメも見ていたし、「鬼太郎」ごっこで遊んだこともありました。そんな自分がまさかあの鬼太郎役を務めることになるとは…。歴史ある作品、さらには豪華な出演者との共演。とてもとてもプレッシャーです。作風、キャラクターを上手く表現しつつ、誰もが楽しめるエンタメ、夜の墓場で運動会のような作品になるよう精一杯努めます」

■上坂すみれ(ねこ娘役)コメント
「舞台「ゲゲゲの鬼太郎」ねこ娘役を演じさせていただきます、上坂すみれです。人生初の舞台なので、とてもとても緊張します…!そして、幼いころから親しんできた水木しげる先生の作品の世界に入れるということが、何より嬉しく、興奮しております。素敵なキャストの先輩方の背中を見ながら、懸命に頑張りたいと思います!どうぞよろしくお願いいたします!」

■藤井隆(ねずみ男役)コメント
「ゲゲゲの鬼太郎ファンの皆さんに楽しんでいただけるよう精一杯考えたいと思います。どんな舞台になるのかまだわかりませんが、スタッフの皆さん、出演者の皆さんと仲良く稽古が出来たらいいなぁ、と思っています。どうぞよろしくお願いします」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ