プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

『ザ・マスクド・シンガー』尾上右近・吉田沙保里・哀川翔のインタビュー映像

Amazon オリジナル番組『ザ・マスクド・シンガー』【アマビエ】の中の人は吉田沙保里でした(C)2021 Amazon Content Services LLCの画像

Amazon オリジナル番組『ザ・マスクド・シンガー』【アマビエ】の中の人は吉田沙保里でした(C)2021 Amazon Content Services LLC

 今月3日より、Amazon Prime Videoでプライム会員向けに独占配信開始となったAmazon オリジナル番組『ザ・マスクド・シンガー』。初回配信(第1話~第3話)で、12人にいるマスクドシンガーのうち、3人のパフォーマーがマスクを脱ぎ 番組を去った。正体が明らかになった尾上右近、吉田沙保里、哀川翔の撮影秘話を交えた特別インタビュー映像が公開された。

【動画】1~3話で脱落した3人のインタビュー映像

 同番組は、正体を隠した12人のマスクドシンガーのパフォーマンスバトルと、中の人の推理を楽しむ、新感覚の音楽ライブエンターテインメント。原型は韓国で2015年から放送されている『ミステリー音楽ショー:覆面歌王』で、19年に米国でリメイクされ、大幅に進化。現在は、世界50ヶ国で現地制作されるまでになった番組の日本版となる。

 MCは大泉洋、マスクドシンガーが誰かを推理し、番組を盛り上げるパネリストとして、MIYAVI、Perfume、水原希子、バカリズム(1話・2話)、アンジャッシュ・児嶋一哉(3話)が出演した。

 第1話でマスクを脱いだのは、ポルノグラフィティの「サウダージ」を見事に歌い上げた【ドラゴン3】こと歌舞伎役者の尾上右近。【Missテレビジョン】との熱戦を繰り広げ、圧倒的な歌唱力で挑むも惜しくも敗退することになってしまったが、出演を振り返り「いやー悔しいですね、素直に。まだまだいけるつもりで気持ちは前のめりだったのでね」と悔しがった。

 また、対戦相手となったMissテレビジョンの中のスターが誰か想像できたかを聞かれると「いや全然想像できなかったですね。すごい力がある方だったし、魅力もあるし、顔が隠れていてもその人が持つ魅力が伝わってくるのがこの番組の面白い所だなって思いながらちょっと余裕ぶっこいていたら負けちゃいましたね」と語っている。

 第2話で脱落したのは、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」を披露した元レスリング選手の金メダリスト・吉田沙保里。かわいらしく愛らしいアマビエの姿で愛きょうたっぷりなパフォーマンスで会場を沸かせたが、ウルフとの対決で脱落する結果になった。吉田は【ウルフ】との対決を振り返り「自分の対戦相手はめちゃくちゃ歌がうまかったので絶対負けたと思っていました」と、当時の心境をコメント。

 また、優勝者に贈られる“ゴールデンマスク”を目にした吉田は「 おー、金! いやー好きですね金は。悔しかったですね。あと皆さんの前で歌うってことがアーティストではないのでなかなかできないことなので、気持ち良かったです」と笑顔を見せた。

 第3話で脱落したのは、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」で会場を沸かせた俳優の哀川。出演を振り返り「実際にやってみたら楽しくて。良い緊張感とね、会場の雰囲気。すごく良いものを体験させてもらったなという感じですね」 と 心境を明かした。懐かしの往年の楽曲を見事に歌い上げ、まさにロックンローラーのような歌声を響かせたパフォーマンスについては「やっぱりね、会場をノリノリにしたいなってそういう思いがあって。結構良いノリしてくれたので、選曲に関しては問題なかったんじゃないかなと思います」と語っている。

 勝ち進んだ9人のマスクドシンガーたちの次の戦い、第4話は10日午後8時より Prime Videoにて独占配信。最後まで勝ち抜き、栄光のゴールデンマスクを手にするのは誰なのか?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ