プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

白洲迅、Travis Japan松倉海斗に感謝「すごく気持ちが良く、とにかくいい方」 『刑事7人』で共演

テレビ朝日『刑事7人』第8話より (C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日『刑事7人』第8話より (C)テレビ朝日

 俳優の東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むテレビ朝日系ドラマシリーズ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)。きょう8日放送の第8話では、これまで天樹をはじめとした専従捜査班の先輩たちの背中を見ながら、時にいじられながらも真っすぐ事件解決のために走ってきた野々村拓海(白洲迅)が、過去に起きた未解決事件を追う中で、事件の被害者の兄である可能性が浮上した親友を思うばかりに、とんでもない行動に出てしまう。

【写真】ユウを思う拓海が刑事にあるまじき行動に…

 ことの発端は、天樹たち専従捜査班へ届いた一通の手紙。14年前に起きた未解決事件の犯人を名乗る男から、「今度こそ捕まえてみろ」という挑戦状だった。14年前、兄とスーパーに来てきた7歳の女児が、兄が目を離した隙に屋上から何者かに突き落とされる事件が発生。容疑者に何人か挙がるも特定には至らず、迷宮入りしていた。

 その被害者の兄の名前が伊藤優(マサル)と聞き、拓海は警察学校時代の同期でルームシェアしているTravis Japanの松倉海斗演じる伊藤優(ユウ)と、読み方は異なるものの同じ名前だったことで一瞬驚く。しかし、単なる偶然だと思い、拓海は天樹たちとこの事件の再捜査を開始。ところが、聞き込みを進める中でユウが被害者の兄である可能性が高まることに。その矢先、当時の事件関係者が襲われる新たな事件が発生。嫌な予感が頭をよぎる拓海は、真実を突き止めるべく走るが、やがて親友を思うあまりに、刑事としてあるまじき行動に。ユウは本当に被害者の兄なのか。何かを企んでいるのか。そしてユウを思う拓海はどんな行動に出てしまうのか。14年の時を経て、衝撃の展開が待ち受ける。

■白洲迅コメント
 第8話の台本を読んでまず感じたのは、「これまた熱いシーンがきたな!」ということですね。基本的に拓海は熱い男なんですけど、ここまでパーソナルな部分を掘り下げて見せる“熱さ”は、これまでのものとは種類が少し違うなと感じました。

 また普段の拓海は、専従捜査班の中では一番の新人なのですが、今回の親友のユウの前で見せる拓海は、どちらかというと引っ張っていくお兄さんのような頼れる存在で。これまでの『刑事7人』ではあんまり見せてこなかった部分だったので、そこをどこまで表現するのかなど、あんばいを考えながら演じました。さらに、親友を思うがゆえにある行動をとるのですが、そこは監督といろいろとお話をしながら、いつもと少し違うエッジを効かせ、狂気に近い面を際立たせてやったつもりです。そういう意味では、今回はいつもの元気でうるさくて明るくて、みんなにいじられるキャラクターからの振れ幅が大きかったので、難しかったですね。

 ユウ役の松倉さんは真面目で素直で、すごく気持ちが良く、とにかくいい方でしたね。それに後輩感を漂わせて、かわいかったです(笑)。でもそういう意味では、物語の中の拓海同様、現場でもふり幅があったかもしれませんね。基本は大先輩の方々と一緒にやるのが僕の中での『刑事7人』の現場なのですが、そこに今回、年下の松倉さんとのシーンもあり、いつもと少し違う現場の空気感も味わえて楽しかったです。

 拓海が加わって今シーズンで4年目ですが、拓海の頼りない面から成長している面まで見せられる、今のこのタイミングだからこそ今回の話がきてくれたのかなと思います。第8話は、ある意味拓海の中での1つ目の集大成としての回だと思うので、そういう面でも楽しんでいただきたいですね。そしてユウとの友情をはじめ、拓海の未熟さを見せる場面では専従捜査班の方たちとの絆も感じる、さまざまな“情”が描かれた熱い話なので、ぜひ熱い気持ちで見ていただけたらうれしいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ