プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

星野源×若林正恭、深夜ラジオで共鳴 普通論&生歌・生ラップの豪華コラボに歓喜の声「最高の夜です」

(左から)若林正恭、星野源 (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)若林正恭、星野源 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、7日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火曜 深1:00)にゲスト出演。かねてから、互いへの共感を語っていた2人がラジオを舞台に互いに語り合い、最後には生歌と生ラップも飛び出すなど、豪華な時間が流れた。

【写真】『星野源ANN』番組イベントグッズ発表

 若林が「自分でもおさえているんですけど、けっこうやばいファンかもしれないです。シンクロしすぎて、何曲か自分が作ったかと思っています(笑)。共感をこえているんだよな、シンクロしすぎて、あれこれ作ったんじゃないかな」とまさかの告白。星野は「それはダメ(笑)。大泉洋のメンタルと一緒ですよ(笑)。大泉洋さんが自分の舞台の脚本を書いていて、僕は曲を作っていて…。同じ頃に大河ドラマを一緒に撮っていて、一緒に頑張ろうっていう話をしていたんですけど、それをもって『オレが恋を作ったんだ』って話していますから」とツッコミを入れた。

 その後は、若林が「POP VIRUS」への思いを吐露する一幕や、それぞれが感じる“普通”への違和感を口にする展開に。それぞれの気持ちがシンクロして、電波に乗せてリスナーへと伝播していく時間が流れていく中、終盤には星野が「POP VIRUS」の生歌を、そして若林がMC.wakaとして生ラップを披露するなど、盛りだくさんの内容となった。

 披露後、若林は「いやいやいや…スタンディングオベーション(笑)。やりましたね。やったね本当に(笑)。源さん頼むよ、POPVIRUSにラップ入れるなんて…。でも楽しかった。びっくりしました、この部分全部ラップやるのって」とコメント。互いに「忘れられない日になりましたね」と振り返っていた。SNS上ではリスナーから「最高の夜」「神回」などの賛辞の声が寄せられた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができるので、2人が番組を通して語ったこと、コラボなどをぜひとも確認してほしい。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ