プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【青天を衝け】吉沢亮、草なぎ剛は「大スター」 “尊敬の念”が栄一と慶喜の関係性にリンク

大河ドラマ『青天を衝け』で主人公・渋沢栄一を演じている吉沢亮【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.の画像

大河ドラマ『青天を衝け』で主人公・渋沢栄一を演じている吉沢亮【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の吉沢亮がこのほど、大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)のインタビューに応じ、慶喜(草なぎ剛)、ディーン・フジオカ(五代友厚)らとの共演について語った。

【写真】吉沢亮の美しさ際立つ撮り下ろしショット 草なぎ剛との共演シーンも

 パリ編が終了し、いよいよ明治に入っていく本作。薩摩出身の五代とは、これまで直接的な関わりはなかったが「東の渋沢、西の五代」とも称される通り、実業家として物語に絡んでいくことになる。

 その五代を演じるディーンについて吉沢は「前回(連続テレビ小説『あさが来た』)も同じ大森美香さんの脚本で五代さんをやられているので、染み付いている感じと言いますか。ディーンさんでもあり、五代さんでもある(笑)。すごく共存している感じがあり、ディーンさんと五代さんの人柄が魅力的ですし、やっていて気持ちいいなと思います」とディーンと五代のリンクを肌で感じ取っている。

 一方で、栄一の人生を導いてきた慶喜は、駿府で謹慎することになるが「将軍になる前から尊敬している人で、これからも尊敬している人に変わりはないです」と2人の関係性もこのまま続いていくという。

 「この作品は全体を通して、栄一と慶喜の2人の線で描いてきた作品。2人の関係性はものすごく大きなテーマで、例えば栄一と喜作(高良健吾)。慶喜と円四郎(堤真一)のように、2人の関係性を色濃く描いているので、栄一と慶喜の関係性も色濃く残っていくんじゃないかと思います」。

 その慶喜を演じる草なぎの存在感を聞かれると「この業界に入る前から見ていた大スター。栄一から慶喜への尊敬と、吉沢亮と草なぎさんへの尊敬は、形は違うけどリンクしている部分はある。役者としての草なぎさんを見させていただき、すごい方だなと思っていたので、そこへの憧れや関係性が自然と出ればいいなと思ってやっています」と語った。

 明治以降での大きな出会いについては「やっぱり岩崎弥太郎さん(中村芝翫)は強烈な出会いかと思います。目指している理想の世界は一緒なのに、アプローチは真逆で、真っ向から対立する」とし、芝翫との演技合戦は「威圧感といいますか、歌舞伎役者さん特有の声の出し方もあり、ただ者ではないというのが出ていてすごいです」と圧倒されながらも、自身の持てる力を振り絞り、全力で栄一と向き合っている吉沢が、共演者たちとどのような芝居を繰り広げるのか、明治の世になってからも注目だ。

■「栄一になっている瞬間がある」 大河ドラマ主演で得られた“おもしろい経験”

 昨年の7月下旬にクランクインしてから、1年以上にわたり、渋沢栄一を演じている吉沢。「どこかで僕の身体に染み付いているというか、意識していないところに栄一が出てくるんです。オン・オフの切り替えはきっちりできる方だと思っていましたが、NHKのスタジオに入ると栄一になっている瞬間がある。これはおもしろい経験だなと思います」と大河ドラマの主演を演じたからこそ得られたこともある。

 放送前には「いまの吉沢亮では太刀打ちできないところはどうしてもあるので、新しい扉は開いていると思います」と語っていたが、その言葉どおり刺激のある毎日を過ごしているという。

 「話が進むに連れて、関わっていく人物も変わり、僕自身も成長しなきゃいけないと感じます。クオリティが高いことを求められますし、毎日全力でやらないと」とし「お芝居の中で、止まってせりふをしゃべる技術は上がったかなと。今までは動く芝居を意識することが多かった。もちろんその要素も必要ですが、言葉を話すだけの芝居も覚えられました。動と静なら静の芝居。ただ止まって芝居をすることがこの作品で身についてきています」と役者として確かな成長も感じ取っている。

 自身の成長も実感しながら、演じている栄一の変化についても語る。「これまでは、自分が正しいと思うことを全力でやってきて、突き進んでいった。新政府で働くようになってからは、自分で正しいと思うことに突き進むのは一緒ですが、汚いことだったり何かを切り捨てたり…。大人になるということだと思いますが、自分でも意識しています。葛藤も抱えているし、“どこか間違っている”のは気づいているけど、やめられない。自分のやることに余裕がなくなってきている感じです」と、政府に出仕して“官”の人間となり、さらにそこから下野して実業家として身を立てていく中での葛藤も感じる。

 今後のストーリーについては「明治になって、江戸が東京になり、今の時代を生きる上で、なじみある言葉も飛び交います。よく知っている渋沢栄一の功績も出てきて、栄一の本領発揮なのかなという気もするので、楽しみにしていただけたらと思います」と、どこかモヤモヤした気持ちで新政府に仕えているが、そこから栄一に何が起こり“近代日本経済の父”と呼ばれるようになったのか。放送も残すところ約4ヶ月。しかし、彼の成長物語は、まだまだ続いていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ