プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

Wakana、武部聡志を迎えてのビルボードライブ今秋開催 “アニメクラシック”東京公演レポ

Wakana『Wakana Anime Classic 2021』紀尾井ホールライブ【カメラマン:大川晋児】の画像

Wakana『Wakana Anime Classic 2021』紀尾井ホールライブ【カメラマン:大川晋児】

 歌手のWakanaが4日、東京・紀尾井ホールにて、アニメソングをクラシックアレンジでカバーするコンサート『Wakana Anime Classic 2021』の東京公演を開催。また、次回ライブとして、武部聡志を音楽監督とキーボードに迎え、10月23日・ビルボードライブ大阪、11月13日・ビルボードライブ横浜での公演も決定した。

【写真】熱唱するWakana ライブの様子

 昨年12月以来2度目の開催となった今回のアニメクラシックコンサートは、8月15日(日)大阪・住友生命いずみホールでの公演に続き、橋本しん(Sin)〈音楽監督・Pf〉、室屋光一郎〈Vn〉、結城貴弘〈Vc〉をサポートメンバーに迎え、新型コロナウイルス感染症防止対策として会場キャパシティの半分の人数を収容した有観客とオンライン生配信で、昼・夜2公演行われた。

 白を基調としたドレスで登場したWakanaは、1曲目の「やさしさに包まれたなら」(『魔女の宅急便』より 原曲:荒井由実)から、「風のとおり道」(『となりのトトロ』より 原曲:井上あずみ)、「君をのせて」(『天空の城ラピュタ』より 原曲:井上あずみ)、「時には昔の話を」(『紅の豚』より)などスタジオジブリ作品のカバーをはじめ、「愛にできることはまだあるかい」(『天気の子』より 原曲:RADWIMPS)、「Get Wild」(『シティーハンター』より 原曲:TM NETWORK)、「やつらの足音のバラード」(『はじめ人間ギャートルズ』より 原曲:ちのはじめ)といった昨年12月にリリースしたカバーアルバム『Wakana Covers ~Anime Classics~』収録曲、そしてアルバム未収録の「僕らの夏の夢」(『サマーウォーズ』より 原曲:山下達郎)、「君は太陽」(『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』より 原曲:スピッツ)など、途中20分の休憩と鮮やかな水色のドレスへの衣装チェンジを挟み、各公演ともにアンコール含め約100分、計14曲を披露した。

 MCでは「今日はここに来てくださっている皆さんと、さらにオンラインでの生配信でもご覧になってくださっている皆さんもいらっしゃいます。皆さん思い思いの場所で、こうやって音楽を聴きに集ってくれて本当に嬉しく思います」と語り、「急にちょっと気温が下がってどんな日になるんだろうって思っていましたが、たくさんの方に来ていただけてすごく嬉しいです」と観客に感謝を語っていた。

 オンライン配信は、昼公演・夜公演ともに、9月11日までアーカイブ視聴が可能。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ