プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

濱田崇裕“逢坂くん”第2章が始動 本格的な立ち回りも披露【プロデューサーコメント付きあらすじ】

『武士スタント逢坂くん!』第7話より長井短、濱田崇裕、久保田紗友 (C)ヨコヤマノブオ・小学館/NTV・J Stormの画像

『武士スタント逢坂くん!』第7話より長井短、濱田崇裕、久保田紗友 (C)ヨコヤマノブオ・小学館/NTV・J Storm

 人気グループ・ジャニーズWESTの濱田崇裕(※濱は旧字体)が主演を務める、日本テレビの深夜ドラマ『武士スタント逢坂くん!』(深0:59)第7話が6日放送される。ORICON NEWSでは毎週、あらすじとともに諸田景子プロデューサーが語る撮影秘話や注目ポイントを紹介。第7話では、濱田、久保田紗友、長井短が海辺でなぜか時代劇さながらの殺陣(たて)を披露。「濱田さんは舞台などで立ち回りを経験しているので、今回の役を経て、本格的に立ち回りを勉強したいとおっしゃっていました」と刺激を受けていたことを明かした。

【画像】原作でも肉体美さく裂の相撲対決

 この撮影では「長井さん、久保田さんは初めての立ち回りで、とても不安がっていました。特に長井さんは運動音痴とご自身でおっしゃっていましたが、アクションうまくできてる!と監督は感じたようです。久保田さんも薙刀(なぎなた)が初だったのにうまく使いこなせており、最初にお互い感じていた不安からか、カットかかったら笑いあって楽しそうでした」とピリッとしたシーンながら、これまでにない体験を満喫していたよう。

 また、かつて逢坂くんを処刑しようとした君主・鶯谷寛喜にそっくりな子孫、漫画編集者をしている鶯谷明喜役の高嶋政宏も再登場。現場での様子について「高嶋さんにはアドリブで大変助けられました。台本にない動作やセリフなどを積極的に提案されて多くその描写が映っております。そのため、他のキャストが笑いをこらえていたり…そこにもご注目ください。オフの様子としては、髙嶋さんらしく台本にある『エロワード』に敏感に反応してたと、濵田さんが教えてくださりました」と“宿敵”も撮影裏では和気あいあい。

 見どころとして「マンガは仲間と描くものと向き合い直した逢坂くんが、丹内さんと共にマンガを作り始める第2章がはじまりました! しかし、そこでぶつかる壁は普段の私たちの仕事や学校生活とも重なる部分もあるので、照らし合わせながらご覧いただきたいです。一方で、丹内さん演じる久保田さんが『いったん、今までの役作りとか忘れて演じます(笑)』と言っているほど『なんでこんなことに?』という女子の戦いに翻弄される逢坂くんの姿にも頭を空っぽにして楽しんでいただけたらと思います」と今回もぶっとんだストーリーのなかでホロリとくる人間ドラマが描かれる。

■第7話あらすじ
春画師である武士・逢坂くんは、マンガ編集者・丹内(久保田紗友)とともに漫画を作ると決め、ベテラン編集者・鶯谷(髙嶋政宏)に見せるネーム作り(お話作り)を始める。しかし、春画の世界で生きていた逢坂くんに、丹内は「エロ禁止」を命じる。

エロ無しで、現代にウケる漫画のストーリーを考えることに四苦八苦。

見かねた漫画アシスタント・瀬戸(長井短)は、逢坂くんに「自由に画を描いてみなよ」と好きを突き詰めることの大切さを、独自の手法で教える。しかし、その画は春(=エロ)らんまん。丹内は「本当に漫画作る気あるんですか?」と逢坂くんに問い詰めるが、瀬戸は「そっちのほうが逢坂くんらしいよ」と対立。

見かねた宮上が、気分転換にBBQに誘うと…女2人のバトルがヒートアップ(!?)する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ