プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

【パラ閉会式】テクノ感で話題「最高にクール!」「めっちゃオシャレ」

『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』エンブレム (C)Tokyo 2020の画像

『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』エンブレム (C)Tokyo 2020

 東京パラリンピックの閉会式が5日、東京・国立競技場で行われた。音楽にあわせてプロジェクションマッピングの演出、ブレイクダンスなどのパフォーマンスが展開され、ネット上では「閉会式カラフルでテクノポップでかわいい」「テクノな感じで最高にクール!」「開会式はロックで閉会式はテクノなの?」などの声があがっている。

【写真】あふれるテクノ感!会場に再現された渋谷のスクランブル交差点

 開会式は、会場を空港「パラ・エアポート」に見立てたパフォーマンスが行われ、ストーリーが進み、その世界観が「ジブリ映画ぽい」とネット上で話題に。それだけでなく、ギタリストの布袋寅泰が、きらびやかなイルミネーションと日本画で彩られた“デコトラ”から登場し演奏をするなど話題となった。

 閉会式は一変、ゲームやカラオケなど日本のポップカルチャーを使った演出が見られ、ネット上では「パラ閉会式のBGM、初期のテクノサウンドみたいでちょっと未来感あって心地よい」「テクノ調でカッコイイ!」「閉会式めっちゃオシャレじゃん」などと反応している。

 閉会式のコンセプトは「Harmonious Cacophony(ハーモニアス カコフォニー)」。それぞれの違いを認め個性を輝かせることで“不協和音を調和させていく”との願いが込められている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ