プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

永瀬正敏、20周年記念した『一刻者』“第1号”オーナーに 念願の「黒壁蔵」訪問に笑み

宝酒造の全量芋焼酎『一刻者』発売20周年記念イベントに出席した永瀬正敏の画像

宝酒造の全量芋焼酎『一刻者』発売20周年記念イベントに出席した永瀬正敏

 俳優の永瀬正敏が4日、宮崎県・日向の「黒壁蔵」にて行われた宝酒造の全量芋焼酎『一刻者』発売20周年記念イベントに出席した。

【別カット】『一刻者の日』の登録証を受け取った永瀬正敏

 『一刻者』ブランド初のアンバサダーを務めている永瀬は、仕込みから蒸留、貯蔵、熟成を行う「黒壁蔵」の石蔵を初訪問し「ぜひお伺いしたかったので、うれしかった」とにっこり。「敷地がものすごく広いので、同じような石蔵を横に建てて商品を買えたりとかできれば…」と提案する場面もあった。

 また、20周年の節目に一刻者の発売日である9月4日が、日本記念日協会より『一刻者の日』として認定されたことも発表され、代表して永瀬が登録証を受け取った。

 同社は、全量芋焼酎『一刻者』が発売20周年を迎えることを記念し、全量芋焼酎『一刻者』<宮崎朝掘芋> 石蔵甕貯蔵『甕オーナー』200人を募集する。宝酒造オンラインショップでオーナーの権利を購入できる。価格は2万5000円(税抜)。募集期間は9月4日から11月24日まで。

 イベントでは、貯蔵する20周年専用の甕が披露され、実物を見た永瀬は「楽しみですね」とにっこり。今回、永瀬は記念すべき“第1号”のオーナーとなり、甕にでかでかと自身の名前を記していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ