プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

日本美術×乃木坂46の“過去と現在結ぶ”展覧会開幕「じっくり楽しんでいただけたら」【メンバーコメントあり】

『春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46』に来場した齋藤飛鳥の画像

『春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46』に来場した齋藤飛鳥

 東京国立博物館やソニー・ミュージックエンタテインメントが主催する、日本美術の古典と乃木坂46という現代のポップアイコンが融合し、過去と現在を結ぶ展覧会『春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46』が、4日より東京国立博物館 表慶館で始まった。11月28日まで。

【写真】展覧会に来場した遠藤さくら、山下美月ら

 開幕を記念し、メンバーを代表して、賀喜遥香、齋藤飛鳥、梅澤美波からお祝いコメントが到着した。

■各コメント

・賀喜遥香
古典と現代の融合と聞いたときは、古き良き日本の美術と乃木坂46がどうコラボするのかな?と想像もつかなかったのですが、実際に展示会場に行ってみると、日本美術とそれをイメージした私たちの映像作品が、一つ一つ違ったかたちで展示されていて、でも同じ空間に溶け込んでいるような自然な感じがしました。また、美術品を観るうえでも、ただ見るだけでなくその歴史の背景も知ることができて、私自身も勉強になったし、とても楽しかったです。

・齋藤飛鳥
まず、入ってすぐの展示室ということで、とてもワクワクしていました。私が参加させていただいた作品は展示の仕方がインパクトのあるものになっているので、この作品でお客さんの気持ちをグッと引き込む事ができたらうれしいです。
自分では、ここもうちょっとああできたなとか、じっくり見ると改善点を見ようとしてしまうのですが、皆さんには優しい目で、とにかく優しく、じっくり楽しんでいただけたらと思います。日本の歴史と、現代の技術と、こうして時空を超えて作られた作品の中に居られた事を大変光栄に思います、ありがとうございます。

・梅澤美波
過去に日本で暮らす人達が どんなもので楽しんで、どんな物に感動して、何に価値を感じていたのか、作品を通して詳しく知ることが出来る面白さと、その素晴らしい作品たちを現代のものとして表す、その難しさを乗り越えた先の作品達になっています。
そんな日本国宝の一つ一つと現代の技術を全面に感じられる作品が対になっているので、見比べて自分の中で答え合わせしながら楽しんでもらいたいです!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ