プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『初恋F』キャスト第2弾発表 母親役に坂井真紀、矢田亜希子

『この初恋はフィクションです』に出演する(左から)坂井真紀、矢田亜希子 (C)TBSの画像

『この初恋はフィクションです』に出演する(左から)坂井真紀、矢田亜希子 (C)TBS

 TBSが史上初の“よるおびドラマ”として10月よりスタートする『この初恋はフィクションです』(月~木 深0:40~0:55)。追加キャストとして坂井真紀、矢田亜希子の出演が発表された。

【場面カット】坂東龍汰&窪塚愛流がクラスメイト役で出演

 企画・原案を秋元康氏が手掛け、脚本を『おっさんずラブ』シリーズ、『私の家政夫ナギサさん』『恋はDeepに』などで知られる徳尾浩司氏が担当。いつも学年1位の成績だが、恋愛に関してはクラスで1番奥手な高校2年生の主人公・倉科泉を中心とした、オリジナルの青春群像ラブストーリーを描く。

 本ドラマは、同局で放送中の演技バトル番組『私が女優になる日_』(毎週土曜 深0:58)で1位に輝いたメンバーが、ドラマ初出演にして初主演を務め、その他主要キャストである女子生徒役も上位のメンバーが演じる。

 開業医として忙しく働きながら、教育にも熱心な泉の母親・倉科祥子を坂井、クラスの誰も顔も姿も見たことがない「不思議な転校生」祖父江広樹の天真爛漫な母親・祖父江麻里を矢田が演じる。

 さらに民放初の試みとして、YouTubeでの“全話配信”を実施。1話約15分という特性を生かし、月曜~木曜の放送回をその週の金曜に一挙配信する。

■以下、キャストのコメント

<坂井真紀>
今の若い子たちの進路の悩みや恋、SNSでのやりとりを含めて、大部分は母親目線でやきもきしながら、そして、私たちの時代とも共通する学生時代のあれこれは少し懐かしく、とても楽しく台本を読ませていただいています。顔が見えない相手に恋をすることはとても新鮮で、この恋の行方が楽しみです。

私が演じる主人公の泉の母親の祥子は、とてもいい母親です。娘との会話の中ですてきだなと思う台詞がいくつもあります。泉と一緒に、親子らしい生き生きとした距離感、空気感が出せればいいなと思っています。

今回、このドラマでデビューする子が多いですが、デビュー作は人生で一度きりですし、今しかできない、彼女たちにしか出せない魅力が現場でもキラキラとあふれています。そこもこのドラマの大きな見どころだと思います。

<矢田亜希子>
フレッシュな方ばかりということもあり、現場の雰囲気がとても楽しいです。とても初々しい初恋の可愛らしい脚本で、顔の見えない相手に恋をするというのも新鮮ですし、学生時代の恋愛を思い出しつつ、共感しつつ読ませていただいています。

メインキャストの女の子たちは初めてのドラマなのにとても堂々としていて、物怖じしていない感じでしっかりしていました。その様子を見ていると、自分が制服を着てドラマに出ていた時代を思い出しました。フレッシュなみなさんの演技や成長していく姿も注目です。私は「不思議な転校生」の祖父江くんのお母さんなのですが、常に明るくて天真爛漫だけど少し謎めいた部分もあるので、そのあたりも注目していただければと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ