プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田中哲司&松田龍平、現代演劇の金字塔に挑戦 それぞれの恋物語描く

舞台『近松心中物語』公開ゲネプロに参加した(左から)松田龍平、田中哲司 撮影/阿久津知宏の画像

舞台『近松心中物語』公開ゲネプロに参加した(左から)松田龍平、田中哲司 撮影/阿久津知宏

 舞台『近松心中物語』の公開ゲネプロが3日、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場で行われ、キャストの田中哲司、松田龍平らが参加。あす4日の開幕に向けてコメントを寄せた。

【動画】恋物語で男同士の友情!?松田龍平に土下座する田中哲司

 戦後を代表する劇作家・秋元松代の代表作である本作は、近松門左衛門の「冥途の飛脚」をベースに他作品の要素を加え、近松作品の魅力をふんだんに盛り込んだシンプルで力強い言葉と、故・蜷川幸雄氏の劇的な演出により、観客からの圧倒的支持を得て1000回を超えて上演され、演劇界の金字塔と称された。

 劇中では、真面目な飛脚宿亀屋の養子・忠兵衛(田中哲司)は、新町の遊女・梅川(笹本玲奈)に出会い、互いに一目で恋に落ちる。その後、梅川に、さるお大尽からの身請け話が持ち上がる。金に困った忠兵衛は、幼馴染みの古道具商傘屋の婿養子・与兵衛(松田龍平)に金を借りにいく。与兵衛が快く貸してくれた50両で、梅川の身請けの手付金を払い安堵する忠兵衛と梅川の元に、大尽からの身請けの後金300両が届いてしまう。一方 お人よしで心優しい与兵衛は、与兵衛に恋い焦がれる女房のお亀、舅姑とともに、大店の婿養子として身の置き所のない想いを抱いて暮らしていたのだった。忠兵衛と梅川・与兵衛とお亀。華やかな元禄の世に生きる境遇の違う男女二組、それぞれの恋物語を描く。

 同舞台は、4日から20日までKAAT神奈川芸術劇場で、その後、福岡・北九州、愛知・豊橋、兵庫、大阪・枚方で上演される。

■以下、スタッフ・キャストのコメント

演出:長塚圭史
「元禄の世に咲いた境遇の違う二つの恋の情景は、
格差を問われる現在により深く突き刺さります。

この戯曲の煌びやかさの本性を改めて炙り出し、
台詞(せりふ)の深淵を紐解いて、現在ここに追い詰められた生の肉体を描き出したいのです。

金に追い詰められる忠兵衛と梅川のあまりに切ない境涯と、
裕福ながらも自ら堕ちることに愛を見出す若いお亀の純真。
そしてそうした世間と折り合いがつかぬかのように
この情景を心に留めて次代へ繋がってゆく与兵衛。
この四人の人間模様を現代に抽出したい。

神奈川県が生んだ稀代の劇作家秋元松代の代表作。
KAAT神奈川芸術劇場初のシーズン制、演出第一弾に決めたことは
必然と言って過言ではありません。

近松門左衛門の浄瑠璃から元禄の人間模様を力強く現在に描き出した
秋元戯曲の台詞の力を体現出来ればと」

田中哲司
「『近松心中物語』は蜷川幸雄さんの為に書かれた戯曲であり、完成され熟練された作品です。その秋元松代さんの名作に、最大限の敬意を払いつつ、しかしそれに囚われず、恐れず、真摯な気持ちで取り組んで行こうと思います。
これはもう、戦いだと思っています。敵はかなり手強いです。
横浜のKAATで、長塚圭史君を始め、座組の皆でぶつかって、令和の時代に元禄の花を咲かせられる様頑張ります。」

松田龍平
「この度『近松心中物語』をやることになりました。
長塚さんとは3回目になりますが毎回とても大きな課題を頂けるので、
今回も戦々恐々ですが、それを乗り越えて新しい景色をみたいなあと楽しみにしています。
座組みの皆とともに夢中になって魅力的な物語を届けられるようがんばります」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ