プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

笑福亭仁鶴さん追悼番組、11日放送 『バラエティー生活笑百科』OPの声&イラストは引き続き放送

笑福亭仁鶴さん (C)ORICON NewS inc.の画像

笑福亭仁鶴さん (C)ORICON NewS inc.

 11日放送のNHK『バラエティー生活笑百科』(毎週土曜 後0:15)で、30年以上にわたって司会を務め、8月17日に骨髄異形成症候群のため亡くなった落語家・笑福亭仁鶴さん(84)の追悼番組を放送することが、同局より発表された。なお、仁鶴さんのこれまでの功績に敬意を表し、番組オープニングの仁鶴さんの声とイラストは引き続き放送する予定だという。

【写真】袴姿でレッドカーペットを歩く笑福亭仁鶴

 仁鶴さんは1960 年代以降、落語家として高座に上がりながら、テレビ、ラジオ、ドラマ、映画にも出演し活躍。1986年3月から現在に至るまで『バラエティー生活笑百科』で36年にわたり相談室長を務め、「四角い仁鶴がま~るくおさめまっせ」のセリフは広く視聴者に愛された。

 今回の特番では、およそ1600回におよぶ、仁鶴室長の出演回の中から思い出の名場面を振り返るとともに、関わりの深かった出演者のインタビュー、長年にわたり司会を務めた新春の「初笑い東西寄席」や「笑福亭仁鶴と訪ねる大阪の笑い100年」などの特集番組の映像もまじえながら、仁鶴さんの功績と人柄を偲ぶ。再放送は17日午前11時5分から。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ