プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

「ホリデイラブ」「うきわ」「ただ離婚してないだけ」…不倫漫画の作者が某映画を応援

Kis-My-Ft2の北山宏光主演でドラマ化された「ただ離婚してないだけ」の作者・本田優貴による応援イラスト (C)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会の画像

Kis-My-Ft2の北山宏光主演でドラマ化された「ただ離婚してないだけ」の作者・本田優貴による応援イラスト (C)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会

 女優の黒木華と俳優の柄本佑がダブル主演する映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)。本作の主人公たちが漫画家で、妻の佐和子(黒木)が「不倫」をテーマに新作漫画を書き始めたことから物語が展開していく。劇中漫画は、漫画家・アラタアキと「サターンリターン」(小学館)の鳥飼茜が担当。そんな本作の試写を鑑賞した漫画家たちが寄せた応援イラスト&コメントが公開された。

【画像】全部で8人の漫画家の応援イラスト&コメントが到着

 本作は、堀江貴大監督のオリジナル脚本。結婚5年目の漫画家夫婦、佐和子と俊夫(柄本)。佐和子は「不倫」をテーマに新作漫画を書き始める。実は、俊夫は佐和子の担当編集者と不倫をしており、「バレたかもしれない」と精神的に追い詰められていく。やがて自動車教習所の若い先生も登場して…。佐和子の漫画は、完全な創作なのか、それとも夫の不定に対する復讐なのか。現実と漫画の境界が曖昧(あいまい)になっていく、というストーリー。

 応援コメント・イラストを寄せたのは、次の漫画家たち(かな順)。

 オンラインで夫婦生活のコラム連載を持ち、その独特のタッチとシュールな笑いのバランスがクセになるカレー沢薫。ドラマ版では本作と同じく主演を黒木華が務め、数々の賞に輝くなど話題となった「凪のお暇」のコナリミサト。これまであまり描かれてこなかった浮気される側を主人公に据え、“サレ妻”という流行語を生み出したドラマ『ホリデイラブ』の原作を手掛けたこやまゆかり。妻がイラストエッセイストの犬山紙子で、自身も漫画家として活躍、本作の漫画家夫婦と同じような境遇の劔樹人。

 アラサーフリーター女子と高校生男子との年の差恋愛を描きドラマ化もされた「恋のツキ」の新田章。自身も漫画家夫婦という本作と同じ境遇であり、かつ浮気された者同士の物語を描きドラマが放送中の「うきわ」の野村宗弘。Kis-My-Ft2の北山宏光主演でドラマ化され、サスペンスフルな展開が「怖すぎる…!」と話題を呼んだ「ただ離婚してないだけ」の本田優貴。「あげくの果てのカノン」では不倫×SF、最新作「往生際の意味を知れ!」では元カノとの恋愛復讐劇という、常にインモラルな作品を輩出し続ける米代恭。以上、8名。

 漫画家視点、そして妻視点で、本作の設定に思わず笑ってしまうキレッキレのツッコミを入れまくるカレー沢。衝撃的なラストに脳が内容の改ざんを行ったというコナリは、ウインクを送る余裕の笑みの佐和子のまわりで、慌てふためく俊夫の画とともに「肝ヒエオモロ~~!!」と本作を絶賛。男性と女性とで鑑賞後感が変わってくると分析するこやまは、ラストの展開に「なるほど!と膝をたたきました」と明かす。本作の漫画家夫婦と似た境遇である劔は、映画と同じく、ある日妻の原稿を目撃してしまったシチュエーションを漫画で描いた。

 「不倫は『いわゆる悪い人』限定の行動ではないよというリアル」さを感じたという新田は、印象に残った「ある人物の無言の後ろ姿」を描いている。野村のイラストは、右往左往する俊夫をさらに苦しめる佐和子の不敵な笑みが印象的。先の読めない展開を楽しんだという本田は、本作を「さわやか?ホラー」と表現し、佐和子と俊夫、千佳の似顔絵とともに感想を綴った。米代は「観客も一緒に佐和子の手の平の上で転がされ続けます」というコメントとともに、文字通り佐和子の手の平で青ざめる俊夫を描いている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ