プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

ABBAが40年ぶりに復活 新アルバム11・5リリース、来春にはロンドンでバーチャル公演も【コメント全文】

ABBA (C)Baillie Walshの画像

ABBA (C)Baillie Walsh

 世界的ヒット曲「ダンシング・クイーン」「マンマ・ミーア」などで知られるスウェーデンのポップグループ・ABBAが、40年ぶりに復活すると3日、発表した。併せて今年11月5日に新作のスタジオ・アルバム『ヴォヤージ』をリリースすることも発表し、同アルバムからの先行シングル「アイ・スティル・ハヴ・フェイス・イン・ユー」「ドント・シャット・ミー・ダウン」をきょう3日にリリースした。

【ジャケット写真】新たな旅の始まり!ABBAアルバム『ヴォヤージ』

 前作から40年の歳月を経てリリースされる今作は、ストックホルムにあるベニーのスタジオ『Riksmixningsverket』にメンバーが集結してレコーディングを実施。プロデュースもバンド自身が行っている。

 また、この復活に際し、アグネタ、ビョルン、ベニー、フリーダことアンニ=フリッドの4人は、10人編成の生バンドとデジタル的に共演する革命的なコンサート『ABBA Voyage』をロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークに設置された3000人収容の最新鋭アリーナ『ABBAアリーナ』で2022年5月27日より開催する。

 このデジタル版ABBAは、バンド・メンバーの4人が、ジョージ・ルーカスが設立したインダストリアル・ライト&マジック社の850人のチームと共にモーションキャプチャやパフォーマンステクニックを駆使し、何週間、何ヶ月もかけて作り上げてきたもの。同社にとって、これが音楽分野への初進出となる。チケット購入の事前登録は公式サイト(abbavoyage.com)で3日午後6時よりスタート。一般発売は9月7日から開始される。

 復活にあたりABBAのメンバーからコメントが寄せられた。

■ABBAコメント

私達が最後に一緒に音楽を作ってから、随分時が経ちました。実に約40年ぶりです。1982年春に活動を休止したのですが、そろそろそれに終わりを告げようと決意しました。前のアルバムと次のアルバムとの間に40年以上の間隔を空けるのは無謀だと言われています。それで私達は今回、前作『ザ・ヴィジターズ』に続く作品をレコーディングしました。実を言うと、再びレコーディングを行うことに、私達を駆り立てた最大のインスピレーションの源は、想像を絶するような、今までに見たことのない壮観なコンサートの制作に関わったことでした。来春、ロンドンの特設アリーナで、デジタルに再現された私達ABBA(アバ)が自分達の曲をステージ上で演奏する様子を、私達自身も観客席に座って見ることができるようになるのです。不可思議ですが素晴らしいですよね!

この数十年にわたり、何らかの方法で私達のことを辛抱強く見守って下さった皆さんへ。

大変お待たせしました。いよいよ新たな旅の始まりです。

「私達はこれを“ヴォヤージ(Voyage)~航海”と呼んでいますが、正に未知の海原へと私達は船出しようとしているところです。若き日の自分達の力を借りて、未来へと旅立つ。言葉で説明するのは容易ではないのですが、これは前例のないものです」

「今回のプロジェクトで、私(ベニー)が一番楽しんだのはどの部分か、それは簡単には言い表せません。皆と共にコンサート制作に携わったことであるとか、あるいは40年ぶりに一緒にまたスタジオへ戻ってきたことであるとか。フリーダとアグネタの歌声を再び聴くことができるのも、このプロジェクトにおける最上級の醍醐味だと思います。このアリーナに足を運んでいただくと、素晴らしい10人編成のバンドを従えた私達4人がそこにいます。たとえ生身ではなくても、クリエイティブ・チームとILMの素晴らしい仕事のおかげで、私達は正にその場に存在していることでしょう」

「2018年に行った最初のセッションは、とても楽しいものでした。そのあとベニーから電話がかかってきて、もう少し歌ってみるのはどうかと訊かれ、私(フリーダ)はすぐに飛びつきました。それに、あの素晴らしい曲の数々ときたら!! 卓越した才能にあふれた、正に天才的なこのソングライター達に、私から敬意と愛を捧げます。このグループともう一度また一緒に仕事ができて、どんなにうれしかったか。この作品にとても満足していますし、ファンの皆さんにも同じように感じていただければと願っています」

「スタジオで再会した時は、これから何が起こるのか、私(アグネタ)には見当も付きませんでした……。でも、ベニーのレコーディング・スタジオは、とても和気あいあいとした安心できる環境だったので、いつの間にか心から楽しんでいました! この作品を世界の皆さんと分かち合える時がとうとうやって来たなんて、信じられないくらいです!」

「あの二人は本当に驚くほど素晴らしいシンガーで、彼女達の歌唱力に、私(ビョルン)は完全に圧倒されました。彼女達は真のミュージシャンです。ポップスターの華やかな面に心を奪われることが全くなく、今も変わらず、レコーディング・スタジオで創造性を発揮することを多いに楽しんでいるのです。この“ヴォヤージ・プロジェクト”は、いろいろな意味で、私達に新たな息吹を吹き込んでくれました」

「では繰り返しとなりますが、お待たせしました! 待っていて下さってありがとう! 『ABBAアリーナ』で、皆さんにお会いできるのを、そう“お会い”できるのを、楽しみにしています。私達はこのアバターに、相当な心血を注ぎましたから。私達は復活したと、そう言っても過言ではありません」

アグネタ、ビョルン、ベニー、アンニ=フリッド

2021年9月2日 スウェーデン ストックホルム

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ