プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

清原果耶、千原せいじの恫喝演技にもひるまず 『護られなかった者たちへ』場面写真

映画『護られなかった者たちへ』(10月1日公開) (C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会の画像

映画『護られなかった者たちへ』(10月1日公開) (C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

 俳優の佐藤健、阿部寛らの共演で、人気ミステリー作家・中山七里の同名小説を映画化した『護られなかった者たちへ』(10月1日公開)より、保険福祉センターで働く円山幹子を演じた清原果耶(19)の場面写真が解禁となった。

【画像】千原せいじに胸ぐらを掴まれたシーン

 震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの利根という男(佐藤)。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく――。ほかに、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人などが出演する。

 解禁された場面写真は、担当している地域の住民に優しく話しかける表情、キリッとした表情を見せつつ、千原せいじ演じる生活保護受給者の国枝から胸ぐらを掴まれている写真など、ケースワーカーとしての円山の働きぶりを垣間見ることができる3点。

 放送中のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主演を務める清原だが、19年放送の連続テレビ小説『なつぞら』では当時17歳で10代から30代まで演じ、瀬々敬久監督をして「驚きました」と言わしめた実力が高く評価され、キャスティングが決定。本作でも、19歳ながら実年齢より上の設定の円山役を見事に演じている。

 主演の佐藤も、清原の落ち着きと演技力には驚かされたようで、「間違いなく自分があの年の時は、あんな芝居はできなかったですね」と絶賛。「間違いなくこの先、20代になった以降も日本映画界の中心で活躍されるような女優さんなんだなという印象です」と太鼓判を押している。

 阿部も「非常に責任感があり、ストイックという印象です」、林遣都も「現場での集中力だったり、取り組み方に覚悟みたいなものをひしひしと感じました」と、若い頃からキャリアを積んできている役者同士としても、賛辞を送っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ