プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Creepy Nuts『MUSIC BLOOD』で“RHYMESTER”愛を熱弁 DJ松永のスクラッチに千葉雄大メロメロ「抱かれたくなりました(笑)!」

『MUSIC BLOOD』にCreepy Nutsが登場 (C)日本テレビの画像

『MUSIC BLOOD』にCreepy Nutsが登場 (C)日本テレビ

 ヒップホップユニット・Creepy Nutsが、3日放送の日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:00)にゲスト出演。毎週2組のアーティストを迎え、彼らの中に今も血液として脈々と流れる思い入れのある音楽や、背中を追い続けるアーティストにまつわるトークを交えつつライブ映像でひもとく同番組。トークでは、二人からみて、HIPHOPの素養を感じるという日本のアーティストについての解説から、彼らが敬愛してやまないHIPHOPアーティスト・RHYMESTERに対する思いなどを語る。

【写真】千葉雄大も撃ち抜くDJ 松永

 Creepy Nutsといえば、ラッパー日本一を決める大会『UMB(アルティメット・エムシー・バトル)』で3連覇を達成した日本一のラッパー・R-指定と、ロンドンで行われた世界最大規模のDJ大会『DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019』で優勝し、先日の東京オリンピック閉会式に出演を果たした、DJ 松永によるHIPHOPユニット。

 番組初のHIPHOPアーティストのゲストで、しかもMCの田中圭、千葉雄大ともに初対面ということもあり「HIPHOPアーティスト って怖いというか、ゴリゴリなイメージが強いですが、お二人はすごくいい人そうでよかったです」と、安堵する田中。すると二人から千葉へ「『久保みねヒャダ こじらせナイト』で、僕たちの『よふかしのうた』を歌っていただきありがとうございました!あとCharaさんのモノマネも最高でした(笑)!」と、
予期せぬ褒め言葉がかけられ千葉がテンパる場面も。

 そして田中が「早速あいつを披露していただきましょう」と、DJブースへと促すと「よし、やりましょう」と、DJ松永が世界一のスクラッチを披露。スタジオからは大きな拍手が起こり、あまりの圧倒的なパフォーマンスに「すげー!超カッコいい!」と田中。千葉に至っては「抱かれたくなりました(笑)!」と、心を撃ち抜かれた様子。

 話題はCreepy Nutsが思う、HIPHOPアーティストについて。HIPHOPなイメージはなくても、プロの目から見たら十分にHIPHOPアーティストであるという人たちについてアツく語る二人の話をじっと聞く田中と千葉は、ただただ関心するばかり。そんなCreepy Nutsが最も影響を受けたアーティストはRHYMESTER。その魅力や歴史を息つく間もなく語り尽くす。

 R-指定は「楽曲の素晴らしさだけでなく、日本のHIPHOPシーンの市場は小さく、そこで生きていくのはすごく大変なことなのに、RHYMESTERは僕らが小学生の頃から第一線で活躍をしているというのが本当にすごい。さらにテレビに出たり本を書いたり、HIPHOP以外の世界に出て活躍しているHIPHOPアーティストのパイオニアでもあるので、RHYMESTERがいなかったら今の僕らもいません。一番のお手本ですし、今だに吸収させてもらうことしかないです」と強い尊敬を表す。

 今回はCreepy Nutsがそんな自分たちに大きな影響を与えたRHYMESTERの楽曲を披露。R-指定は「原曲を大事に歌いたい気持ちはありつつ、自分としては自分たちのオリジナリティも出てしまうと思うので、そのミックス感みたいな部分を楽しんでほしいです」と聞きどころを紹介。そしてもう1曲もパフォーマンス予定となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ