プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“映画大好き芸人”こがけん『ジュラシック・パーク』魅力を熱弁 注目シーンは“ティラノサウルス”登場

『ジュラシック・パーク』の魅力を明かすこがけん (C)日本テレビの画像

『ジュラシック・パーク』の魅力を明かすこがけん (C)日本テレビ

 日本テレビ系『金曜ロードショー』(毎週金曜 後9:00)では、きょう3日から4作連続でスティーヴン・スピルバーグ監督作品を特集。まず第一弾として『ジュラシック・パーク』シリーズ第1作を放送する。これに際して“映画大好き芸人”こがけんが、今作のみどころを紹介するコメントが到着。また番組直前に放送される『まもなく金曜ロードショー』(後8:54※関東ローカル)では、こがけんが得意の“映画ものまね”でジュラシック・パークの意外な注目場面も交えてファンならではの視点から作品をアピールする。

【画像】『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』日本版ポスター

 まず、こがけんの語る今作の魅力とは「第一に、色褪せない恐竜の迫力ですね。この作品は、1993年の作品で実に30年近く前の作品なんですね。その間にCGの技術もかなり進歩しているんですが、今見ても迫力が凄いですし、恐竜が歩いている映像にとてもとても心揺さぶられてしまいます。(実際にCGは10分も使われておらず、着ぐるみやアニマトロニクスを使用して恐竜を表現)これは作品の中で、生きた恐竜を観て感動するグラント博士や子供達にかつて、大なり小なり恐竜に魅せられていた自分達の子供時代を重ねてしまうからかもしれません。恐竜を前に童心に返ってしまうんですね。スピルバーグといえば忘れてはいけないのが『ジョーズ』ですが、この作品はとても怖い作品ですよね。実はこの『ジュラシック・パーク』も、家族で楽しめる作品でありながらスピルバーグ監督の恐怖演出のテーマパークとも言えるようなハラハラドキドキの作品なんです」と熱弁。

 特に注目するのは「ティラノサウルスが出てくるシーンでの地鳴りのような音と連動して車の中のコップの水が揺れる演出のシーン」。「怖い対象物を見せずに、これから起こる恐怖を想像させるという素晴らしい演出なんですが、このシーンは分かっているのに、何度見てもハラハラしますね。ほかにも『こんな恐竜のテーマパークは嫌だ』という大喜利の答えのような、あらゆる怖いことが笑っちゃうほど、続けざまに起こるんです。これを見て僕はホントにスピルバーグという監督は意地悪な監督だと思いましたね(笑)主人公であるグラント博士は子ども嫌いなんですね。それが子ども達と交流を深めていく中で関係性が良い方向に変わってくるという擬似親子モノでもあるんです。家族で楽しめる作品として長年親しまれてる理由でもありますね」と解説する。

 また、「多大な資金を投入した人類の夢みたいなパークですが、ここの職員の人たちは非常に少ない給料で働かされてるんですね。実は、めちゃくちゃブラック企業なんですよ。(笑)劇中で起こる問題もそこが引き金になってるとも言えないこともないワケです。こういう部分が現代の世の中に通じるものがあるのも興味深い点ですね」とも。「野生の生き物というのは、まさに自然と一緒でそもそも人間にコントロールできるものではありません。まさにこの作品の興奮のラストの面白さもその部分にあると思っています」と長年愛されるその理由を分析している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ