プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『逃走中』×『ONE PIECE』がコラボ 超特急タクヤ&日向坂46渡邉美穂ら参戦「人生で1番の恐怖」

『逃走中×ONE PIECE 100巻記念コラボSP ~ルフィと黄金の秘宝~』に超特急・タクヤ、日向坂46・渡邉美穂らが参戦 (C)フジテレビの画像

『逃走中×ONE PIECE 100巻記念コラボSP ~ルフィと黄金の秘宝~』に超特急・タクヤ、日向坂46・渡邉美穂らが参戦 (C)フジテレビ

 フジテレビ系『逃走中×ONE PIECE100巻記念コラボSP~ルフィと黄金の秘宝~』が5日午後8時より放送される。今回はダンス&ボーカルグループ・超特急のタクヤ、アイドルグループ・日向坂46の渡邉美穂のほか、サッカー元日本代表・佐藤寿人や格闘家の朝倉海も参戦し、恐怖のハンターから逃げ切りを図る。

【写真】ファイティングポーズをとる超特急・タクヤ、日向坂46・渡邉美穂ら

 『逃走中』は、限られたエリアの中でハンターから逃げた時間に応じて賞金を獲得できるゲーム。決められた時間を最後まで逃げ切ることができれば高額賞金が手に入る。“賞金への欲望”と“迫りくるハンターの恐怖”の間で揺れる逃走者たちの心理、そして極限状態でむき出しになる素顔。一瞬たりとも目が離せないスリリングな展開が最後の1秒まで繰り広げられる。

 今回の『逃走中』は、コミックス第100巻が発売となる国民的漫画『ONE PIECE』とのコラボスペシャル。今年で連載24年目を迎え、全世界での累計発行部数が4億9000万部を突破。そんな大人気の『ONE PIECE』から、主人公のルフィをはじめとする、人気キャラクターがゲームに登場し、ミッションに大きく関わってくる。

 逃走劇の舞台は、東京・お台場の巨大商業施設。注目は2人のアスリート逃走者。Jリーグ通算得点数・歴代1位の記録を持つ、サッカー元日本代表・佐藤、そして『RIZIN』で活躍する元バンタム級王者・朝倉が参戦。彼らが自慢の身体能力を生かして、ハンターとの真剣勝負に挑む。

 そして、今年で還暦を迎えるDJ KOOのほか、土屋アンナ、トラウデン直美が初参戦。経験したことのない恐怖に耐え、最後まで逃げ切れるのか。大人気声優・浪川大輔も2度目の参戦で逃走成功を狙う。さらに応募総数約3万人の中から選ばれた男子高校生の逃走者にも注目だ。

 お笑い界からも多数の芸人が参戦。初登場となるのはダイアンの津田篤宏、3時のヒロイン・福田麻貴。さらに小籔千豊、もう中学生、狩野英孝、ジャングルポケット・斉藤慎二も賞金獲得を目指して全力で逃げ回る。

 アイドル界からは、日向坂46・渡邉美穂、=LOVE・齊藤なぎさ、超特急・“筋肉担当”タクヤが参戦。普段は見せられない素の表情をさらけ出す展開となる。『ONE PIECE』のキャラクターを巻き込んで、一体どんなゲームが展開するのか。そして恐怖のハンターから逃げ切り、高額賞金を手にする者は現れるのか。

■各コメント
・タクヤ(超特急)
――『逃走中』に出演されていかがでしたか?
「思っていた以上にハンターに出会うし、ハンターは恐ろしかったです。ビビり散らかしました」

――今回は『ONE PIECE』とのコラボ企画でしたが、いかがでしたか?
「『ONE PIECE』にちなんだミッションが数多くあって驚きでした。オープニングで見たVTRも実際のキャラクターの声でしたし、すごかったです!」

・渡邉美穂(日向坂46)
――『逃走中』に出演されていかがでしたか?
「『逃走中』に出るのが夢だったので、実際に出演できてうれしかったです!テレビで見ているよりも緊張感があって、ハンターに追いかけられている時は人生で1番の恐怖を感じました。何より、ハンターの足が速すぎてびっくりしました!」

――“私のここを見てほしい!”という部分はありますか?
「ここ数年で1番と言っていいくらいのダッシュをしているので、全力で走っている姿を見てほしいです。そして、なかなか見たことがないような状態で逃げ回っていると思うので、注目していただきたいです!」

――今回は『ONE PIECE』とのコラボ企画でしたが、いかがでしたか?
「キャラクターの大きなフィギュアが飾ってあったり、実際にブルックが動き回っていたり、すごくワクワクしました。『ONE PIECE』に関連するミッションもあって、すごく楽しかったです!」

・佐藤寿人
――『逃走中』に出演されていかがでしたか?
「現役時代から見ていた番組でしたのでハンターとの勝負はワクワクしました。それと同時に、いつどこからハンターが来るかわからない怖さも感じていました」

――お台場での『逃走中』はいかがでしたか?
「個人的に、結婚前に妻とデートしていたお台場での『逃走中』。また、オープン当初から行っていたヴィーナスフォートで『逃走中』ができて何か感慨深いものがありました。デートしていた場所をまさか全力疾走するとは思いもしませんでした」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ