プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ジョニー・デップ、真田広之の献身に感謝「一緒にいて楽しかった」

真田広之の献身に感謝したジョニー・デップ (C)ORICON NewS inc.の画像

真田広之の献身に感謝したジョニー・デップ (C)ORICON NewS inc.

 日本における“四大公害病”のひとつ水俣病を取材した報道写真家が主人公の映画『MINAMATA―ミナマタ―』(9月23日公開)の製作・主演を務める名優ジョニー・デップ(58)とアンドリュー・レヴィタス監督(43)のオンライン記者会見が2日に開催された。デップはフランスから、レヴィタス監督は米ニューヨークから参加した。

【動画】オンライン会見の一部

 熊本県水俣市のチッソ工場の廃水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く水俣病。報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージン・スミス氏は1971年、アイリーン・美緒子・スミス氏とともに水俣を訪れ、以来3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく。米国に帰国後、75年に写真集「MINAMATA」を出版。映画は、ユージン氏が水俣で過ごした濃密な日々を通して、傷ついた写真家が、再びカメラを手に取り、闘いに身を投じていくその生き様を描く。

 本作には、美波、真田広之、國村隼、加瀬亮、浅野忠信ら、日本人キャストも多数出演しており、デップは「すべての面で日本の皆さんに面倒をみてもらったという認識でいる」と感謝を述べた。中でも真田の真摯(しんし)な姿勢に感銘を受けたという。

 「ヒロは、自分の出番がない日も撮影現場にやって来て、看板の日本語表記のチェックを買って出たり、エキストラの演技を助けたり、若手の俳優の演技指導もしてくれた。もちろん、カメラの前に立てば、集中力を失わず、役者としての仕事を全うしていてすばらしかった。彼は謙虚だし、自分のことよりも人のために行動できる人。それでいて一緒にいて楽しく、ものしりでした」と称えた。

 デップが演じる主人公ユージンの妻、アイリーン・美緒子・スミスを演じた美波のことも「アイリーンさんへ敬意と勇気を称える演技を披露してくれた」と語り、日本のキャストが「僕らが期待していた以上のものを出してくれた」と本音を漏らしていた。

 また本作について、「プロデューサーとして私がなぜ参加したかというと、この映画が作られるべきもの、日の目を見るべき映画だと思ったからです。映画を作ることが容易ではなくなった昨今、この映画が作られたことが奇跡ともいえる」と、並々ならぬ思いを続けて語った。

 「水俣では多くの人が苦しみ、今もまだ続いています。そして、世界中で同じようなことが繰り返されています。私たちは今まさにウイルスという見えない敵と日々闘っているころです。この映画は今、この時代に見てもらうべき作品です」。

 アンドリュー監督も「アーティストの責任のひとつは、人を助けること。楽しいもの提供するというのもあるけれど、ユージンの写真のように人の心を動かすもので人を助ける。水俣の皆さんの戦いを知ってもらうことも大切なこと。きっと自分自身を投影したり、周りの人と重ねて見たりできたりするでしょう。そして、この映画で伝えたいメッセージは、ユージン・スミスというアーティストの目線で描くことで、クリエティブで詩的なアートとして提示することができました」と、ドキュメンタリーではなく、ドラマとして描いた本作の良さをアピールしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ