プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

尾崎由香『武士スタント逢坂くん!』第7話から出演 初OL役は“職場でなんか好きになっちゃう子”をイメージ

『武士スタント逢坂くん!』第7話に出演する尾崎由香 (C)NTV/JSの画像

『武士スタント逢坂くん!』第7話に出演する尾崎由香 (C)NTV/JS

 声優で女優としても活動する尾崎由香が、6日放送の日本テレビの深夜ドラマ『武士スタント逢坂くん!』(深0:59)第7話から出演することが決定した。江戸時代からタイムスリップした武士・逢坂くん(濱田崇裕/ジャニーズWEST)が、漫画家のアシスタントになり、「まんが道」を目指すコメディードラマ。尾崎は逢坂くんと逢坂くんの漫画が嫌いで仕方ない鶯谷明喜(髙嶋政宏)との対決の鍵を握っている漫画編集者・ひづきを演じる。

【写真】編集部で様子をうかがう逢坂くん(濱田崇裕)たち

 第6話では、漫画編集者である鶯谷から持ち込みの漫画をダメだしされる逢坂くん。特に鶯谷はラブコメが嫌いで、江戸時代に春画を描いていた逢坂くんの絵やストーリーがどうも気に入らないよう。しかも、鶯谷明喜は、逢坂くんを江戸で処刑しようとした暗君・鶯谷寛喜の子孫だと知る。令和の世まで、運命の対決は続いてしまっているのか…。

 「まんが道」に進むことに心折れかけた逢坂くんの前に、「あきらめるんですか!?」と声を掛けるのは鶯谷と同じ編集部で働き、逢坂くんを見守り続けた丹内さん(久保田紗友)。彼女の叱咤激励を受け、第7話では、逢坂くんは丹内さんと共に鶯谷へ再度、漫画の持ち込みを目指す。

 それにしてもなぜ、鶯谷は「ラブコメ」が嫌いなのか?と考える丹内さんだったが、同じ編集部のひづきが鶯谷に話しかけると、どうも鶯谷の様子がおかしい。どうやら、鶯谷はひづきに想いを寄せている…?鶯谷の「ラブコメ嫌い」の鍵を握っているひづき役を演じるにあたり尾崎は「今までにないぐらい振り切って演じました」とコメント。

 ドラマ側がひづきのイメージに求めたのは「職場でなんか好きになっちゃう子」。“おざぴゅあ”の愛称で知られ、人気アニメ作品の声優や歌手としても活動する尾崎だが、実は子役から経験を踏む女優でもある。「初めてOLさん役を演じます!」と言いながら、かわいらしいルックスと声だけでなく、仕事もちゃんとできる編集者を自然に演じきった。そして、第8話以降ではひづきを巡って逢坂くん達がひと肌…いや、ふた肌も脱ぐ(!?)場面も。その序章となる第7話となっている。

 尾崎は「今回、丹内ちゃんの働く編集部の先輩ひづき役を演じさせていただきました。個性的で強いキャラクターの方々のなか、ひづきも負けないくらいギャップ萌えが魅力の女性です」と紹介。「初日の撮影から笑いを堪えるのが大変なくらい印象的なシーンが多かったので、私も放送が楽しみです。私自身も、今までにないくらい振り切って演じさせていただきました!! 特に高嶋さん演じる鶯谷さんとのデートシーンは必見です! お楽しみに」と呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ