プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

唐田えりか、短編映画に主演で女優業再開 昨年3月のドラマ以来1年半ぶり

短編映画『something in the air』で主演を務める唐田えりかの画像

短編映画『something in the air』で主演を務める唐田えりか

 昨年1月に俳優の東出昌大(33)との不倫が報じられ、女優業が事実上の休止状態となっていた唐田えりか(23)が、現在開催中のファッションショー「Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 S/S」で発表される短編映画『something in the air』に主演していることが、わかった。きょう2日に、ファッションブランドel conductorH(コンダクター)の新作コレクションとして発表され、オンラインでも配信される。

【動画】唐田えりか1年半ぶりの女優業!短編映画『something in the air』本編

 唐田は昨年1月期のTBS系ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』に出演していたが、不倫報道を受けて降板。事務所は公式サイトで「関係各所の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪コメントを発表した。その後、同3月に出演したNHK BSプレミアムのドラマ『金魚姫』が放送されたが、今回の映画はそれ以来1年半ぶりの女優業となる。

 同12月にカメラ誌『日本カメラ』1月号からエッセイ連載がスタートし、同誌が休刊となる5月号まで続いた。先月には事務所の公式サイトの「GALLERY」に新しい写真がアップされている。

 今回の短編映画でファッションブランドの新作コレクションが発表される背景としては、コロナ禍によりファッション業界の新作コレクションの発表が、従来の「ショー」という形から映像などのデジタルリリース中心へと移行していく流れの中で、のデザイナー長嶺信太郎氏が「ストーリーのある短編映画という形でブランドの新作を発表できないか」という発想に至り、映画監督の小林達夫氏に声をかけたところから企画が動き出した。

 映画の主演は唐田と吉村界人、さらにhibiki(lol-エルオーエル-)、伊島空などが出演。「Rakuten Fashion Week」のサイト内でYouTubeにアーカイブされ、すでに全編視聴可能となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ