プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

有村架純「仕事という価値や意味を咀嚼している」 志尊淳からもコメント到着

有村架純×志尊淳、コロナ禍で働く人々にスポットをあて「人」と「仕事」の真実に迫るドキュメンタリー『人と仕事』10月8日より3週間限定公開 (C)2021『人と仕事』製作委員会の画像

有村架純×志尊淳、コロナ禍で働く人々にスポットをあて「人」と「仕事」の真実に迫るドキュメンタリー『人と仕事』10月8日より3週間限定公開 (C)2021『人と仕事』製作委員会

 俳優の有村架純と志尊淳が、コロナに打ちひしがれた日本の職場で、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護士などの人々、その他、声なき仕事人達の現状をレポートするドキュメンタリー映画『人と仕事』(10月8日より3週間限定公開)。本作でドキュメンタリー映画に初めて出演する有村と志尊からコメントが到着した。

【動画】ドキュメンタリー映画『人と仕事』予告編

 映画の公開にあたり有村は「世界中が大きな混乱を迎えて1年半。常に私たちは、今日、明日、何が起こるかわからない毎日の中生きてきました。自分の仕事は、さまざまな職種、人物を生きること。常に皆様が就いておられるお仕事と密に関係していて、“お仕事”そのものが自分の人生に影響を与えている存在です。なくてはならないものです。私もこの作品を観て、仕事という価値や意味を、少しずつ咀嚼(そしゃく)しているところです。協力してくださった皆様には心から感謝しております」とコメント。

  志尊は「この一年、皆さんの楽しみや大事な行事が失われました。それでも表現者として、一人間として、届けられるものはあるのではないか。制作の皆さんの“諦めないで、伝えられる事を”と探求する姿に胸を打たれ、志尊淳として参加させていただきました。今の世の中に対する想い、境遇は多種多様です。それぞれの価値観です。そんな中、一人一人のお話を聞かせていただき、心に触れて、いろいろな思いが湧き上がってきました。知ること、感じることの大きさを肌で感じました」と、本作への思いを語った。

 有村と志尊はこれまで数多くの大ヒット映画に出演してきた、日本を代表する俳優だが、実はドキュメンタリー映画への出演は本作が初めて。そんな本作では役としてではなく、「一仕事人」として、現代社会と向き合う姿が映し出されている。SNSでも「演技ではないありのままの表情や言葉が聞けるのは楽しみ」と話題を集めている。

 元々は有村、志尊出演、森ガキ侑大監督で、保育士をモデルにした劇映画『保育士T』を2020年春に制作する予定だった。しかし、2020年4月7日に1回目の緊急事態宣言が発出されたことで、撮影協力を得ることができなくなり、企画が頓挫(とんざ)してしまう。そこで、スターサンズの河村光庸エグゼクティブプロデューサー(『新聞記者』、『パンケーキを毒見する』など)が「有村さんと志尊さんで、今の世の中を写し出すドキュメンタリーを作る」という企画を立案。その心意気に有村、志尊も呼応したことで誕生したドキュメンタリー映画だ。コロナにより映画制作を断念せざるを得ない状況から生み出されたこの作品はまさに、私たちが生きる“今”を描いたヒューマンストーリーといえる。

 あわせて本作のメインビジュアルも解禁。コロナ禍で大きな打撃を受けたある農家に二人が取材に訪れた時のカットを使用。実際に仕事を体験する中で、リモートワークができない農家という職業に従事する人の思いを、真剣な眼差しで聞いている姿を写したものだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ