プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ディーン・フジオカ&和田雅成、『推しの王子様』スピンオフドラマにゲスト出演

FODオリジナルドラマ 『ぼくの推しは王子様』に出演する(左から)ディーン・フジオカ、和田雅成(C)フジテレビの画像

FODオリジナルドラマ 『ぼくの推しは王子様』に出演する(左から)ディーン・フジオカ、和田雅成(C)フジテレビ

 フジテレビ系連続ドラマ『木曜劇場 推しの王子様』(毎週木曜 後10:00)のスピンオフドラマ『ぼくの推しは王子様』(FODで配信中)にて、2日配信の第8話に俳優のディーン・フジオカ、9日配信の第9話から和田雅成がゲスト出演すると発表された。

【画像】イケメン共演! 『ぼくの推しは王子様』劇中カット

 スピンオフドラマ『ぼくの推しは王子様』では、瀬戸利樹演じる「ペガサス・インク」のプランナーで歴史好きの有栖川遼(ありすがわ・りょう)が主人公。しょせんはかなわぬ恋だと諦めながら、ある人物にずっと片思いをしている有栖川が「運命の人が見つかる恋愛アプリ」に振り回される様子を絶妙なテンポとコメディータッチで伝える。

 また、メインキャラクターとして、2.5次元俳優が“推し”の「ペガサス・インク」デザイナー・渡辺芽衣(わたなべ・めい/徳永えり)、同じくデザイナーで「26時のマスカレイド」が“推し”の小原マリ(おばら・まり/佐野ひなこ)、「ペガサス・インク」のエンジニアで編み物好き男子の織野洋一郎(おりの・よういちろう/谷恭輔)も出演している。

 ディーンは本編同様に光井倫久(みつい・ともひさ)を演じる。仕事で失敗して落ち込んでいる有栖川を行きつけのバーで慰める光井。しかし、帰り際に光井が「謎のメッセージ」をつぶやき、そのまま帰ってしまう。意味が分からずにモヤモヤする有栖川。後日、そのことを「ペガサス・インク」のメンバーに伝えると解読が始まる。ディーン・フジオカ演じる光井が残したメッセージとは一体何なのか。

 第9話から最終話まで出演する和田が演じるのは、シナリオライターの兎田ヒロシ(うさぎだ・ひろし)。兎田は仕事のスピードが早くアドバイスも的確で優秀なライターだが、空気が読めなくズバッと物事を言う性格。有栖川はそんな兎田に苦手意識があり、新企画の打ち合わせも兎田のペースとなりヒートアップしてしまう。一見、相性が悪そうな2人だが、「運命の人が見つかる恋愛アプリ」が反応し、ストーリーが展開していく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ