プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

柄本佑、主演した“不倫映画”を「ウェルメイドで僕は非常に好き」と素直にアピール

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)トークイベントに登壇した柄本佑と堀江貴大監督 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)トークイベントに登壇した柄本佑と堀江貴大監督 (C)ORICON NewS inc.

 女優の黒木華と俳優の柄本佑がダブル主演する映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)のトークイベントが1日、都内で開催され、出演の柄本と堀江貴大監督が登壇した。

【動画】黒木華×柄本佑、不倫をめぐる漫画家夫婦の心理戦 予告編解禁

 本作は、堀江監督のオリジナル脚本。結婚5年目の漫画家夫婦、佐和子(黒木)と俊夫(柄本)。佐和子は「不倫」をテーマに新作漫画を書き始める。実は、俊夫は佐和子の担当編集者と不倫をしていて、「バレたかもしれない」と精神的に追い詰められていく。やがて自動車教習所の若い先生も登場して…。佐和子の漫画は、完全な創作なのか、それとも夫の不定に対する復讐なのか。現実と漫画の境界が曖昧(あいまい)になっていく、というストーリー。

 長いタイトルについて、柄本は「いまだに“先生”が誰なのか、いまいちわかっていない」と告白。それは、漫画家の“先生”の俊夫のことなのか、教習所の“先生”なのか、「見るたびに印象が変わってもいいんじゃないか。いろいろな見方ができて、そこが面白い」と、話した。

 堀江監督は「タイトルは、最初の最初のプロットからこのタイトルで、話の流れは全部あった」と明かし、あえて、教習所の“先生”を連想するようなタイトルにして、「復讐だと思われたことが愛情だったという反転が生まれるようにしたかった」と、説明。

 脚本執筆時、「自分が結婚したばかりで夫婦ものをやりたいなと思い、壊れていく家庭、不倫、復讐というテーマが出てきた。シリアスより喜劇にしたかったので、復讐の仕方をいろいろ考えて、自分が浮気されたら、妻の不倫を題材に映画と作る復讐をするかな、と考え、漫画家に置きかえた」と、アイデアの源泉も披露していた。

 柄本は「不倫をテーマにしてここまで爽やかな作品はあまりない。ウェルメイドで僕は非常に好きです」と、監督の脚本、演出の手腕をたたえていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ