プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

大久保佳代子、バラエティーの“適当感”反省 高畑充希はワイプに困惑「テンションが行方不明」

“適当感”を反省した大久保佳代子(左)と高畑充希(C)ORICON NewS inc.の画像

“適当感”を反省した大久保佳代子(左)と高畑充希(C)ORICON NewS inc.

 女優の高畑充希、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子が9月1日、都内で行われた映画『浜の朝日の嘘つきどもと』(10日公開)公開直前イベントに登場した。

【動画】「女優さんはすごい…」バラエティと女優業の違いを語った大久保佳代子

 同作は、福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」を舞台に、東京の映画配給会社に勤めていた福島県出身26歳の主人公が恩師との約束である「朝日座」の再建のため、小さな“嘘”をついてでも映画館を守ろうと奮闘する物語。「朝日座」再建に奔走する主人公・茂木莉子(本名:浜野あさひ)役を高畑、「朝日座」の支配人・森田保造役を落語家の柳家喬太郎、莉子の高校時代の恩師・田中茉莉子役を大久保が務める。

 女優として参加した大久保は「たまに、役者の仕事をいただくのですが、役者さんは本当にすごいなと出る度に思います! 主役を務める女優さんを目の当たりにして、瞬発力がある。『泣いて』と言われたら泣いて、感情もぶつけてくる」と撮影を振り返り、「身を削ったりするバラエティーも大変ですけど、ある程度、適当なことを言っても時間が流れていく。そんな感じで最近仕事をやっているのを反省しなきゃいけないと思っています」と笑いを誘った。

 一方、バラエティー番組に出演する機会もある高畑は「自分的に楽しくいたつもりでも、映っているのを見ると暗く見えたりと…」と苦戦していると告白。「ワイプとか、『わー!』『えー!』とかをやって普通に見える。なので、いつも自分のテンションが行方不明になります」と照れていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ