プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

マーベル映画『シャン・チー』目にもとまらぬ速さのアクション 本編映像公開

マーベル・スタジオ映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(9月3日公開)(C)Marvel Studios 2021の画像

マーベル・スタジオ映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(9月3日公開)(C)Marvel Studios 2021

 マーベル・スタジオの新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(9月3日公開)より、ホテルマンとして平凡な日々を送りその”力“を封印していた主人公が覚醒する重要なシーンが解禁された。WEB動画で繰り返しチェックして、目にもとまらぬ速さのアクションに目を慣らしておこう。

【動画】『シャン・チー』バスの中で始まったバトルシーン

 幼少期より父が率いる犯罪組織で最強の武術を叩き込まれたシャン・チーは、組織の後継者になる運命から逃れるため、サンフランシスコに渡り、“ショーン”と名乗って平凡なホテルマンとして暮らしていた。ある日、シャン・チーの前に、彼の父であり最大の敵となるシュー・ウェンウーが送り込んだ刺客が突如襲い掛かってくる。

 彼とともにバスに乗っていた親友のケイティは「人違いしてる! 弱そうでしょ?」と間に入って止めようとするが、敵に殴り飛ばされてしまう。目の前で親友が殴られるのを見たその瞬間、心優しい青年ショーンが最強の戦士“シャン・チー”へと覚醒。走り続ける狭いバスの中で、シャン・チーVS父の刺客たちのバトルが始まった。拳で敵をぶっ飛ばしたシャン・チーは、その後も驚異的な武術を駆使しながら瞬きもできない速さで敵を一蹴。その模様は生配信されていた!?

 この集団が狙っていたのは、シャン・チーの母の形見である大事なペンダント。彼らがこのペンダントを奪おうとする理由は何なのか? ”シャン・チー“として目覚め、壮大な物語が始まろうとしていた。

 シャン・チーにとっての、アイアンマンのパワードスーツ、ソーのムジョルニアに相当するものは、最強の武術“マーシャル・アーツ”。シャン・チーが戦うシーンでは、目で追えないほどの高度な武術が駆使されており、大迫力の肉弾戦はいままでのマーベル作品とは一線を画す本作ならではの魅力となる。

 シャン・チー役に抜てきされたシム・リウはこの役を演じるため、世界各国の武術の達人によるトレーニングを受けたという。「本当に驚異的な経験だったね。毎日、世界の最高峰の人たちから学んでいるんだ、って肌で感じることができたよ。僕らは、人類に知られているほぼすべてのファイティング・スタイルを、考え得る限りおさらいした」と、舞台裏を明かす。

 さらにシムは「この仕事をやるにあたって、武術やアクションシーンがものすごく大切な役割を果たすこと、シャン・チーがマスクをつけたり、顔まで隠れるスーパー・ハイテク・スーツを身につけたりしないこともわかっていた」と、シャン・チーの“生身で戦う”スタイルについてコメント。「それが意味するところは、僕自身がたくさんのアクションをしなければならないということさ。そのことは初日からわかっていたし、ものすごくワクワクして飛び込んでいったんだ」と撮影時を振り返っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ