プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

秋元康氏、テレ東で“不倫”テーマの新ドラマ “じゃない方の男”を濱田岳が好演【コメントあり】

10月スタート新ドラマ『じゃない方の彼女』で企画・原作を務める秋元康氏(左)と主演の濱田岳(C)「じゃない方の彼女」製作委員会(C)kurigamiの画像

10月スタート新ドラマ『じゃない方の彼女』で企画・原作を務める秋元康氏(左)と主演の濱田岳(C)「じゃない方の彼女」製作委員会(C)kurigami

 テレビ東京では、秋元康氏が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ『じゃない方の彼女』(毎週月曜 後11:06)を10月よりスタートさせる。どこにでもいる普通の人生を送ってきた“じゃない方”の男性にスポットライトを当て、妻“じゃない方の彼女”との不倫を描く同作で、魅力的な女性との出会いにジタバタする“じゃない方の男”小谷雅也を濱田岳が演じる。

【写真】別人に見える?! 金髪×ヒゲ姿の濱田岳

 特別目立つことのない人生を送ってきた、いわゆる「じゃない方」男性の大学准教授の小谷雅也(濱田岳)。美人妻と子供に囲まれた何不自由ない日々を過ごすが…ある日を境に雅也が務める大学に通う女性・野々山怜子との偶然の出会いが連続し、互いに気になる存在に。「偶然が3回、続くと、奇跡が起きるらしいですよ」。そう言い、距離を縮めてくる怜子に雅也は距離を置こうとするが、天然魔性な怜子の言動につい心ひかれてしまい、道ならぬ恋の沼にどんどん落ちていく。

■秋元康氏
何年か前に、ある漫才コンビについて話していたスタッフが「じゃない方!」と叫んでいるのを見て驚いたことがあります。コンビのどちらかの名前を失念していたなら、ボケの方とかツッコミの方というか、上手(かみて)の方、下手(しもて)の方と呼べばいいのに…。面白い方、面白くない方という意味なのか、顔が知られている方、顔が知られていない方という意味なのか、残酷な言い方だなぁと思っていたら、当の本人たちは、むしろ、愛おしさを込めて呼んでいることに気づきました。漫才という話芸に於いて、それぞれ立場の異なる役割を理解した上での発言だったのです。

 言い方を変えれば、人間は、みんな、何かの「である方」であり、何かの『じゃない方』だと思います。そんな言葉遊びの延長線上でドラマを企画しました。とある男性の前に、2人のステキな女性が現れたら、どちらが『である方』であり、どちらが「じゃない方」になるのか? それが、また、厄介なことに、時間差で現れたとしたら? もっと、面倒くさいことに、結婚してから現れたら? 奥さん? 彼女? どっちが「じゃない方」? 要するに、ぐしゃぐしゃなラブコメができました。

■濱田岳
これまで演じてきたことのない役柄で、とてもチャレンジングだなと感じました。台本を初めて読んだとき、これまでにない新しいジャンルのドラマを作ろうというスタッフの皆さまの高い目標、それにチャレンジしようという気概を感じ、とても勇気をもらいました。新しい形のコメディドラマとして、温かい目で見て、楽しんでいただけたらうれしく思います。

■中川順平プロデューサー
10月クールの月曜23時台は、テレ東ドラマとして昨年大きな話題となった『共演NG』以来、1年ぶりの秋元康企画・原作ドラマ「じゃない方の彼女」をお届けします。テーマは「不倫」。もちろんこれまでにも、ドロドロの修羅場が描かれた不倫ドラマは、数多くありました。しかし、秋元ドラマは、今回も一筋縄では行きません。今や不倫が、社会的な命取りともなる状況。そんな中、平凡で冴えないけど、常識ある一人の男が、不倫沼に落ちて行ってしまう… なぜ?どうやって?…そのどうしようもなく愚かで滑稽(こっけい)、それでいてどこか憎めない様を、クスッと笑えるコメディとして描きます。主演は、コメディにかけては、文字通りこの年代のトップランナーの一人、濱田岳。他にも、主人公と禁じられた恋に落ちる天然魔性(?)の女子大生、しっかりものの美人奥さんにも、ここでは言えない豪華キャストが! バレたら終わり…。そんな恐怖と背中合わせの状況に、監督の作るハイセンスな映像世界が相まった、これまでなかった新しい感覚のコメディです。「じゃない方の彼女」どうぞご期待ください!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ