プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

爆笑問題・太田光、松本人志との共演劇に充実感「オレは、すべて笑い飛ばしたい人間だから」

爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.の画像

爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・爆笑問題が、8月31日深夜放送のTBSラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(毎週火曜 深1:00)に出演。28日放送のフジテレビ系大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』で、松本人志と2014年の『笑っていいとも!グランドフィナーレ』以来、7年ぶりの共演を果たしたことを受け、コメントを寄せた。

【写真】学ラン姿が似合う!ガッツポーズをする松本人志ら

 太田光が「話題にしてもらってありがたいね。楽しかった。緊張もしたけどね。高田文夫先生がさ『いやーピリピリしていたな、太田松本』って言っていてさ(笑)。みんなが集まると興奮しちゃって、抑えられなくなっちゃうからさ。高田先生にも喜んでもらって、うれしかったね」と回顧。「言ってみれば、松本キャプテンと我々でざわついた感じもあってさ。ホリケン(堀内健)と中岡(創一)がさ…。オレが楽屋に行ったら、ケンが来て『どうするの?』って(笑)。『楽しみだなーオレ、座って見ているから』って。中岡も『楽しみにしております』ってさ(笑)。空気がそういう感じでさ。それって、楽しみにしてもらって」と声を弾ませた。

 太田は続けて「ありがたいよな。禁断のとかさ。オレもほとんど舞い上がっていて覚えていないし、いろいろ思うところがあるけど、言葉にできないことってあるじゃない(笑)。それも意味深だけど。でも、なんていうか、よかったな」と充実感をにじませながら「スタジオ行くじゃん、やっぱり照れるんだよな。松本さんもそうだと思うんだけど、どうしても照れくさいんだよな。あれがこそばゆい感じがあったね。お互い、人聞きに話を聞いたりしているからさ。なんかこう、オレは世の中のこととか、すべて笑い飛ばしたい人間だから、自分たちのうわさになっている過去も笑い飛ばせたからいいかな」と語っていた。

 『ラフ&ミュージック』第1夜の大トリを飾った爆笑問題の2人。太田光は、勢いよく飛び出すと冒頭から「みなさんにお願いがあるんですけど、あしたは『ワイドナショー』じゃなくて『サンデー・ジャポン』を見てください(笑)。ガキの使いやあらへんでー。太田、動きます。松ちゃん見てる?」と連発していった。

 ネタでは、雨上がり決死隊の解散などを盛り込んだ形で圧巻の漫才で魅了。いよいよ実現した生トークを前に、松本は「絡みたくねーな。爆笑問題とオレの絡みで引っ張っていたよね」と率直な思いを打ち明けた。その後、爆笑の2人がスタジオに登場すると、松本と太田がお互いに膠着した間合いを取り合って、太田が「共演NG! ネットが荒れるって言うから、入ってきた」と自らネタに。「今の何点でしょうか?」とボケを重ねていった。

 松本が「わからない。ここの奥さん(太田光代)が僕のツイッターをフォローしている。意味がわからなくて、なんか遠回しに威嚇してんのかな」とボケを交えて返すと、太田が「威嚇したのはそっちでしょう(笑)。ハハハ」と見事な切り返し。岡村隆史から「田中さん、しっかりしてください」との声が飛ぶも、太田は松本とナイナイとの因縁を持ち出すなど、大暴れとなった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ