プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

寺坂直毅氏「ラジオは命を救う」 乃木坂46山崎怜奈と熱いトーク&得意の口上披露

8月31日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』に寺坂直毅氏が生出演(C)TOKYO FMの画像

8月31日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』に寺坂直毅氏が生出演(C)TOKYO FM

 放送作家の寺坂直毅氏が、8月31日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(月~木 後1:00)に生出演。パーソナリティーを務める乃木坂46・山崎怜奈とラジオ論を交わした。

【写真】前日は…オードリー若林正恭が登場 熱いラジオ論に

 寺坂氏は、ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)などを担当。山崎から「星野さんが以前に『寺ちゃんのことを一番知っている』とおっしゃっていましたが、番組の中で話題になることについて、どう感じていますか?」と向けられると「しゃべり手の方とスタッフの方が仲良くお話されているような感じは、星野さんもおっしゃっていましたが『コサキンDEワァオ!』(TBSラジオ)がそうでしたし…」と回顧。

 続けて「たまにスタッフの名前ばっかり出てきてと思われる方もいらっしゃるのかなと思うのですが、以前他局のFMで『ラジオってなんだろう』という番組をやったことがあるんです。タクシーの運転手で、ラジオ好きな方にインタビューしたら『ラジオ番組でスタッフの名前が出てくるのは、その番組に興味があるから、どんどんしゃべっていいと思いますよ』とおっしゃってくれて。それはそれでいいんじゃないかなと考えるようになりました」と明かした。

 リスナーから「ラジオでメールを読まれるとうれしい。気合を入れたものに限って採用されません。コツなどがあれば教えてください」との質問も。寺坂氏は「メールを送る時って、話している人に対してのラブレターみたいになっちゃうんですけど、そうじゃなくてですね、ラジオ番組自体に送るというか、みんなが聞いていることを前提に書く。そうしたら、意外と客観的になるのかなと。あとは読む人のことを考えると、短くというのがいいですよね。難しい漢字がないとか。これ読めないなというような漢字があるとつまずいちゃうので、そういうのがなかったら採用しやすいかな」とアドバイスを送った。

 山崎が「昨日出演してくださった、オードリーの若林(正恭)から『山崎さんは感情の荒波がない』とおっしゃっていただいたのですが、昼だったらそれでいいのか、それだったらつまんないのかなと思っちゃったり…。どうしたらいいですかね、急に人生相談みたいになっちゃった」と意見を求める一幕も。寺坂氏は「そのままの山崎さんでいいと思いますよ。アナウンサーの方がしゃべると、どんなに体調が悪くても、同じトーンで話をされていて、それはそれでいいんですけど、今は、つらい時はつらいって言って、楽しい時は楽しいって言ってもいいんじゃないかなと。きょう機嫌が悪いなっていうのでもいいと思います」とやさしく呼びかけた。

 山崎が「若林さんも最初のオープニングのテンションでわかりますし、星野さんも『疲れた』とおっしゃっていますもんね」と話すと、寺坂氏も「リスナーのみなさんも、きょう元気だしてねって応援してくださると思うので、そのままでいいんじゃないでしょうか。私たちは常に元気でいるふりをします。スタッフは頑張ります」とコメント。その後も、紅白歌合戦の口上など、魅力をあますところなく発揮した寺坂氏だったが、今後の目標については「意外と難しくて、本当に生きていけたらいいなと。自分が携わったラジオで、人が救われたらいいなと思いますね。ラジオって本当に命を救うって、大げさじゃなくて思っているので。何かの放送が、その人の生きる支えになったりするので」と言葉に力を込めていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ