プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『虹とオオカミ』第5話 しょうた、Takiにサプライズ 「目をつぶって」からヒマワリの花

『虹とオオカミには騙されない』第5話(C)AbemaTV, Inc.の画像

『虹とオオカミには騙されない』第5話(C)AbemaTV, Inc.

 ABEMAのオリジナル恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作『虹とオオカミには騙されない』(毎週月曜 後10:00)。第5話が29日に放送された。

【写真】ロマンチック!笑顔で見つめ合うしょうた&Taki

 しょうたは2人きりでデートができる「月LINE」でTakiを誘う。しょうたは「後悔しないように気持ちを伝えられたら」と、このデートにすべてを懸けている様子。一方で、しょうたとしゅうぞうのどちらにも気持ちが揺れているTakiは「絶対今日のデートで気持ちがはっきりすると思う」と決意を新たにしていた。

 河川敷へTakiを誘ったしょうたはキャッチボールで2人の時間を楽しむ。その後、夕日を眺めながらTakiは「夜になってほしくない…」とつぶやくと、しょうたは「Takiちゃんがいなくなっちゃうのが怖い」と初めて不安を吐露。2人の仲は急接近する。デートの終盤に、しょうたはTakiに「目つぶって」と言うとヒマワリの花をサプライズでプレゼント。第2話で、Takiから目をつぶったしょうたにブレスレットを渡していたが、今回の思わぬサプライズにTakiは喜びとときめきを隠しきれない様子。MC陣も「ヒマワリの花言葉は、あなただけを見つめるだって…!」「楽しませようと伝わってくるステキなデートだった!」と胸を打たれていた。

 第4話でエザキから「恋愛対象に入る」という気持ちを聞いたモモカは、エザキのことが気になる様子。エザキと2ショットになったモモカは「エザキと一緒にいると楽しい。だけど、その“楽しい”はどの“楽しい”だろう?って思っている」と素直な想いを伝える。エザキは照れながらも気持ちを真摯に受け止め、「友達としてなのか? 恋愛なのか? わからんよな…」と同意。りのに想いを寄せていたエザキだったが「どうしよう、俺…」と天を仰ぎ、真剣に悩んでいた。

 一方で、想いを寄せるしゅうぞうから「恋愛として燃え上がっていない」と告げられたセイラは意気消沈モード。そんなセイラの気持ちを察したしゅうぞうは2ショットに誘い、謝罪をした上で「もっと他愛ない会話ができたら何かが変わるんじゃないかな」と決してゼロではない恋心の可能性を告げた。

 さらに、終盤ではエザキがデートの誘いが全員に通知される「太陽LINE」を発動。りのとモモカの2人の間で心が揺れるエザキが誘った相手とは。また、しゅうぞうと正直な気持ちを打ち明けあったセイラが行動を起こし、同じくしゅうぞうに想いを寄せるさくらは動揺の表情を見せる。それぞれが自分の恋心に向き合う第5話は「ABEMA」で見逃し配信中となっている。

 次回、現時点で気になる相手に想いを伝える「中間告白」。直前まで激しく動く恋模様と、運命の中間告白であらわになる恋の矢印の行方は。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ