プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

玉木宏、連続殺人犯と対峙する新聞記者役 ドラマ『だから殺せなかった』主演

WOWOW『連続ドラマW だから殺せなかった』(2022年放送・配信)主人公の新聞記者を演じる玉木宏の画像

WOWOW『連続ドラマW だから殺せなかった』(2022年放送・配信)主人公の新聞記者を演じる玉木宏

 俳優の玉木宏が主演を務めるWOWOW『連続ドラマW だから殺せなかった』(全5話)が来年放送・配信されることが発表された。原作は、新人離れした筆致で高い評価を得て、第27回鮎川哲也賞優秀賞(佳作)を受賞した一本木透の同名小説(東京創元社)。連続殺人犯と新聞記者が公開討論を繰り広げる、前代未聞の劇場型犯罪を描く衝撃のミステリー。

【写真】『HOKUSAI』で色気たっぷり妖艶な和装姿を披露した玉木宏

 本作は、「俺の殺人を言葉で止めてみろ」と、大手新聞社に届いた一通の手紙から始まる。首都圏を震撼させていた無差別連続殺人犯は一本木記者を指名し、新聞紙上での公開討論を要求する。新たな殺人を予告する犯人に対し、一本木は報道記者として言葉の力で立ち向かう。

 連続殺人犯と新聞記者の前代未聞の紙上戦は、ジャーナリズムや社会の闇を浮き彫りにしながら、劇場型犯罪として世間を揺るがしていく。挑発し続ける凶悪犯の真の目的とは一体何か。そして、一本木を待ち受ける衝撃の結末とは?

 本作の主人公である、心に傷を抱えながらも、報道に対する信念を貫く敏腕記者・一本木透を演じる玉木は、『連続ドラマW 盗まれた顔~ミアタリ捜査班~』以来、3年ぶりに同局のドラマに出演。

 「今作は静かな作品ではありますが、心がジワジワと揺さぶられていくような面白さがあると感じました。職責を全うする事の意味を考えずにはいられません。そんなメッセージを受け取り発信したいと思いました」と、意気込む。視聴者に向けては、「誰しもが自分と向き合う時間はあると思います。自分の居る場所、進むべき道、自己肯定する事も時に必要だと思います。葛藤しながら歩を進める太陽新聞記者、一本木のメッセージを受け取ってください」と、呼びかける。

 脚本は、『連続ドラマW 華麗なる一族』の前川洋一。監督は、『連続ドラマW 宮部みゆき「ソロモンの偽証」』の権野元。音楽は、『連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~』の木村秀彬。

 ドラマ化にあたって「原作で描かれている新聞社内部の描写などは活かしつつ、原作では登場しなかった人物、ほかの警察組織、その中でうごめく人間関係にもフォーカスしていきたいと考えています。今作はある劇場型犯罪を扱っていますが、その姿の見えない凶悪犯はいったい誰なのか? 登場人物を改めてフラットに見直すと、誰が一番悪いのかわからないようなクセのある人間ばかりなので、その一筋縄ではいかない絡み合いも丁寧に紡ぎあげたいです」(権野監督)と、演出プランを明かしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ