プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

俳優・松永博史が芸能界引退 芸能人のセカンドキャリア支援事業の責任者に

芸能界を引退する松永博史の画像

芸能界を引退する松永博史

 俳優の松永博史(53)が8月31日をもって所属するホリプロを離れ、芸能界を引退すると発表した。松永は9月1日より、有料職業紹介業を運営するジェイシップに入社し、同社が新事業として立ち上げる「芸能人のセカンドキャリアを支援する会」の責任者として第二の人生をスタートさせる。

【写真】城友博さんとグータッチ!第二の人生をスタートさせる松永博史

 松永は1989年に俳優デビュー。1997年放送のドラマ『その時がきた』(フジテレビ系)で注目され、少し影のある甘いマスクから“マダムキラー”と呼ばれて人気を得た。昼帯ドラマ、2時間ドラマを中心に活躍した。しかし近年、活動する機会も少なくなったことから引退を決意したという。

 ジェイシップは有料職業紹介業を運営する企業で、ヤクルトスワローズで活躍した元プロ野球選手の城友博さんが2017年に立ち上げた会社。大学の硬式野球部の選手を中心としたアスリート大学生の就職採用コンサルタント業を主たる事業としている。

 今回、松永が入社して新たに立ち上げるのは「芸能人のセカンドキャリア支援」。松永は「32年俳優を続けてきました。やめるにやめられない、やめる決断ができないという仲間が多くいる。僕自身がそうでした。そんな芸能界の人に、生きていく力を発揮する場所は今いる場所だけじゃないと背中を押してあげ、新たな人生のスタートを応援したいんです」と語っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ