プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ライザップ美女・和地つかさ、容姿イジリにも「“寛容じゃないといけない”雰囲気があった」10キロ超ダイエットの本音

和地つかさ の画像

和地つかさ 

 ライザップのCMで一躍注目を集めたグラビアアイドル・和地つかさ。4ヵ月で体重マイナス10.8キロ、ウエストマイナス19.5センチ、体脂肪率マイナス15.1%を達成した。その変化と努力に称賛の声が集まったが、グラビアアイドルにとって身体は商売道具。ぽっちゃり体型が武器だったという彼女が減量に挑み、体型が“変化”することへの不安はなかったのだろうか。話を聞いた。

【写真】「今とは別人!」衝撃の重量感ボディ…和地つかさダイエット前のビフォー写真

■太っていたときは、女の子というより“キャラクター”として捉えられていた

――『ライザップ』CMでのビフォーアフターのお写真を見せていただきました。4ヵ月でこの効果、かなり反響があったのではないでしょうか?

和地つかさ はい、いろんな方に努力を褒めていただきました。それと、みんな優しく接してくれるというか、女の子扱いしてくれる人が多くなりましたね。太っていたときは、女の子というより“キャラクター”として捉えられていて、いじられキャラだったんです。もちろんいじってもらえるのは嬉しかったんですが、今思うとしんどいこともあったので、よかったです(笑)。

――しんどいこととは?

和地つかさ バラエティ番組でピンポン玉を投げられたりとか(笑)。太っていると、「寛容じゃなきゃいけない」みたいな雰囲気ありませんか? 私はそれを感じることも多くて。それが私の生きる道だと思って理解はしていましたが、痩せた後の方ができる仕事の幅が広がった気がしてます。

――なるほど。では、痩せることへの不安はなかったですか?

和地つかさ それはもちろんありました! ぽっちゃり&ムチムチ体型が私の武器だったので、痩せて体型が変わってしまうと、ぽっちゃりだからこそ好きになってくれたファンの皆さんが離れて行ってしまうんじゃないか? ぽっちゃりだからこそいただけていたお仕事がなくなってしまうんじゃないか? と。減量中、そういった悩みが常に頭の片隅にありました。

――実際に痩せてみて、その不安は解消されましたか?

和地つかさ そうですね。ファンからも「痩せているのもいいね」と言ってもらえてホッとしました。それと、CMに出演するまではほとんどいなかった、女性ファンが増えたことも印象的な出来事ですね。女の子ってダイエットに成功した人へのリスペクトがすごかったりしませんか? 私自身もそうなんですけど、痩せてみるとそれを強く実感しました。

――ボディメイクには、具体的にはどのようなことをされたのでしょうか?

和地つかさ ストレッチやウォーキング、筋トレ、糖質制限です。もともと食べることが好きでしたし、トレーニングや運動も苦手だったので、すごくキツい毎日を覚悟していたんですが、「無理なく運動を続ける習慣」を作ることの大切さや、食べ物に関する知識なんかを教えていただいて、トレーナーさんと2人3客で頑張ったので、思ったよりもつらさは感じませんでした。

――食べることが好きだと大変そうだと感じます。

和地つかさ それが、食べるものにさえ気をつければ、量は意外と大丈夫なんです。ステーキや焼き肉も、いつもよりも多く食べていたくらいで。野菜も多く摂ることが大事だったので、おなかが減って大変ということはまったくなかったです。

――痩せてみて他に実感したことは?

和地つかさ メイクをするのも、洋服を選ぶのも、以前よりも断然楽しくなりました。以前の私も受け入れていたつもりでしたが、振り返ってみるとやっぱり太っている自分を鏡で見るのが好きではなかったんだなと。それと部屋をきれいに保ちたいとか、健康でいたいとか、美意識以外の意識も向上したんです。一石二鳥どころか、三鳥、四鳥の効果がありました。

■「有名になる手段は何でもいい」努力と忍耐を怠らなかった8年

――多方面で活躍中の和地さんですが、現在28歳で芸歴も長いんですよね。

和地つかさ はい。小学生の頃から芸能のお仕事に携わっています。お芝居のお仕事などしつつ、20歳の時にはグラビアのお仕事も始めました。

――芝居と並行してグラドルをやろうと思ったきっかけはあったのですか?

和地つかさ 子どもの頃に所属していた事務所に「有名になる手段はなんでもいい。自分の地位が確立すればやりたいこともできる可能性が広がる」というようなことを言っていただけてて、それが頭に残っていたんです。20歳を迎えたときに、「自分の判断でやりたいことを見つけていくんだ」という気持ちが大きくなり、自分の武器であるムチムチ体型を解禁しました。

――競争の激しいグラビア業界において、現在の立ち位置を確立できた理由や、和地さんならでは“強み”と思われるポイントを、ご自身ではどのように分析されていますか?

和地つかさ グラビアアイドルになってからも、下積みの期間が長かったんです。週に5、6回のペースで団体撮影会に参加して、それが終わったら舞台の稽古をして…という活動を3年ほど続けていたんです。ぜんぜん芽が出なくて、精神的にもすごくきつい時期でしたが、それでも諦めずに続けていたときに、『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)から出演オファーをいただいて、多くの方に名前を知っていただけるようになりました。下積みがあったからこそ培った精神力や、努力し続ける忍耐力では、誰にも負けない自信があります。

――積み重ねてきた地力も武器のひとつになっているんですね。

和地つかさ 目立つことをするとアンチが出てくるというのも、世の中には絶対あると思うんです。でもゆっくりゆっくり歩いたからこそ、私の場合はよかったのかなって。

――ちなみに、体型のことを気にしながらも、なかなか実現できずに悩む女性は大勢いると思うのですが、なにがアドバイスはありますか?

和地つかさ ただ単に「痩せたい」と思うだけではなく、何か目標を持つことが大事じゃないかなと思います。私の場合はダイエットに加えて、「健康になりたい」「健康のための知識を身につけたい」という別の目標もあったのが良かったのかなと。少し痩せてみたら、腰や膝が痛くなくなったりして、太っているときに身体にかけていた負荷を実感して「太っているときの私は健康じゃなかったんだ」と思い知らされました。自分の気持ちや目標を大切にすることが秘訣ではないかと思います。

――お仕事にも変化はありましたか?

和地つかさ 最近だと初めて女性誌からお声がけいただいたのがすごく嬉しかったです。新たなフィールドでのお仕事なので、応援してくれるみなさんの期待を裏切らないようにしないと…。今までとはちょっと違う緊張と、やりがいを、日々感じています。

――これからは女性ファン向けの活動も増えていきそうですね。今後の目標はありますか?

和地つかさ グラビア活動はこれからも続けていきますが、せっかく女性からも注目してもらえるようになったので、これからは「女の子に向けて情報を発信していく」ことにも挑戦してみたいですね。グラドル界隈は女の子しかいない業界なので、女の子ならではの悩みを話し合う機会も多くて。YouTubeチャンネルもありますので、私にできることを伝えていければなと思っています。

文・撮影/ソムタム田井

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ