プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

AK-69、感染対策不十分の音楽フェス出演を謝罪「辞退、開催中止を提案すべきでした」

AK-69 (C)ORICON NewS inc.の画像

AK-69 (C)ORICON NewS inc.

 ラッパー・AK-69が30日、自身のツイッターを更新。29日に愛知県で開催された音楽フェス『NAMIMONOGATARI2021』に出演したことについて、「自らは出演辞退、イベントの開催中止を主催者側へ提案すべきでした」と謝罪した。

【写真】マスクをしていない人も…『NAMIMONOGATARI』の模様

 愛知県常滑市の愛知県国際展示場(AICHI SKY EXPO)多目的広場 野外ステージで開催された同フェスについて、感染対策が十分に取られていない写真などがSNSを中心に広がり、批判を集めていた。

 AK-69は「昨日8月29日(日)に愛知県常滑市にあるAICHI SKY EXPOにて開催された音楽フェス『NAMIMONOGATARI2021』への出演に関して、愛知県民の皆さまをはじめ、国民の皆さまに多大なご迷惑をおかけし申し訳ございません」と謝罪。「主催者からは県のガイドラインに沿った万全な感染対策が成されているという話を聞き、出演させて頂きましたが、充分な対策が成されてるとは言えない状況でありました」とつづった。

 「緊急事態宣言下での開催にあたり、来場されたお客様や出演者、スタッフの安全を考え、HIP HOPシーンを牽引していく立場の人間として、自らは出演辞退、イベントの開催中止を主催者側へ提案すべきでした。改めて、この度は多大なるご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした」と、謝罪を重ねた。

 同フェスをめぐり、開催地となった愛知県常滑市の伊藤たつや市長が30日、自身のツイッターを更新し、同フェスの主催者に対し、抗議文を送付すると明かした。また、ヒップホップアーティストのZeebraも同日、「国民の皆さんに多大なご心配とご迷惑をお掛けした事、ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ