プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

『SUPERSONIC』大阪公演中止「2カ所では公演が不可能と判断」

『SUPERSONIC』大阪公演中止を発表の画像

『SUPERSONIC』大阪公演中止を発表

 9月18、19日に千葉・ZOZOマリンスタジアムと大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)で開催される『SUPERSONIC』について、事務局が両日の大阪公演を中止すると30日、公式サイトで発表した。

【写真】『SUPERSONIC』大阪公演出演予定だったアーティスト

 公式サイトでは「SUPERSONICの開催日まで19日となりました。アメリカではロラパルーザが開催されて、週末にはイギリスでのレディング/リーズ・フェスティバルが行われました。日本ではまだそのようなWITHコロナでの大規模な開催は無理ではありますが、さまざまな課題と向き合いながら海外アーティストのライブがこのフェスからスタート出来るようにと洋楽プロモーター一丸となり今まで交渉してきました」と説明した。

 「そして、海外アーティストの出入国に関してはVISAの発給がとうとう認められて、来日予定の10アーティストに連絡されました。2020年3月から1年半の間、殆(ほとん)ど閉ざされていたミュージシャンの来日公演がようやく再開しようとしています」としたが、「ここでSUPERSONICの大阪に関してはキャンセルになる事を発表させていただきます。現在大阪への国際線の乗り入れ便が縮小されている中で、隔離期間の確保と東京への移動を含めた制約もあり、アーティストサイドもさまざまな調整を試みてくれましたが、結果2カ所では公演が不可能であるという判断になりました」としている。

 「大阪でのフェスティバルの開催を楽しみにしていた皆さまには、心よりお詫び申し上げます。そして開催に向けて準備を進めていただいたスタッフの皆さま、及び関係者の皆さま、同じ目標に向かっていたのにすみません」と謝罪。「来年のサマーソニックは必ず大阪に帰ります」と記した。また大阪公演のチケット払い戻し方法について、後日詳細を案内するという。

 また18日に千葉・ZOZOマリンスタジアムにて開催予定の公演に関して「アリーナスタンディング、スタンド自由席での開催予定でしたが、アリーナにも席を配置しての全席自由での開催になります。来場される方々がより安全な距離を保てるように、ライブに集中できるようにという判断の基での変更になります。ご理解ください」としている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ