プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

キスマイ玉森裕太、“大人オーラ”漂うスーツ姿披露 10周年イヤー駆け抜けた心境明かす

玉森裕太が表紙を飾る『TVガイドAlpha EPISODE TT』(東京ニュース通信社刊)の画像

玉森裕太が表紙を飾る『TVガイドAlpha EPISODE TT』(東京ニュース通信社刊)

 人気グループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太が、30日発売のビジュアルマガジン『TVガイドAlpha EPISODE TT』で、初の単独表紙を飾っている。

■玉森裕太のテレビ出演歴

 写真集のようなビッグサイズの判型が特徴的な同マガジン。アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、2016年11月に「A」から始まり、「Z」を経て2周目に突入。2度目の「T」となる「TT(ダブルティー)」のカバーには、玉森が登場する。

 この8月で2011年のCDデビューから丸10年を迎えたKis-My-Ft2。そんな節目のタイミングで、本誌初単独表紙となる玉森のアニバーサリー表紙が実現。10周年イヤーを駆け抜けた玉森に、改めて現在の心境をじっくりと聞いたロングインタビューでは「この10年、いろんなことをやってきたけど、すべてのことが糧になってると思う。楽しかったり、つらかったり、いろんな感情があるけど、すべてに意味があるなって考えたら、すべてにありがとうですよね」と話す彼の、周囲への感謝の言葉をつづる。

 撮影では厳かな洋館で2パターンのスーツを着こなした玉森。デビューから10年の歳月を感じさせる大人のオーラ漂う姿に注目だ。玉森と同じくKis-My-Ft2のメンバーである北山宏光のソロ連載も見逃せない。

 同号ではそのほか、7月28日=“なにわの日”の横浜アリーナ公演にて、CDデビューが発表されたばかりのなにわ男子を“巻末スペシャル”として特集する。デビュー発表の瞬間にあふれた涙の理由を7人それぞれが語る、横浜アリーナ公演のスペシャルコメンタリー付きライブリポートを掲載するほか、撮りおろしグラビアに未来への意志を語る7000字超えの座談会も加わった充実の内容となっている。

 さらに先日発売された最新シングル「群青ランナウェイ」のプロモーションで、SNSを巻き込んだ仕掛けが大きな反響を呼んだHey! Say! JUMPからは山田涼介&伊野尾慧 が登場。“感覚派”の山田、“頭脳派”の伊野尾と対照的でありながら「行き着く先は同じ」、「似ている」と語る2人のクリエイティブの才能をロングインタビューで明らかにしていく。伊野尾は主演ドラマで共演中の後輩・ 神宮寺勇太とも登場している。

 そのほか、木村拓哉、中丸雄一、Travis Japan、HiHi Jets、小松菜奈、長濱ねるといった豪華な面々に、ビッグサイズの判型を生かした大迫力のグラビア&独自インタビューで迫る。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ