プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

有名人も公表したパニック障害、「かわいそう」より病への理解を…12年闘病した漫画家の願い

クロバさん『パニック障害12年生』よりの画像

クロバさん『パニック障害12年生』より

 コロナ禍で以前のような生活が送れない現在、心の病に悩む人が増えているようだ。そんななか、パニック障害を発症した漫画家による闘病漫画が注目を集めている。「まさか自分が?」と、発症したときには驚いたという作者のクロバさん。誰もがかかり得る病だからこそ知ってほしいこと、有名人が公表することで変わる世間の意識について、クロバさんに聞いた。

【漫画】「なんで自分がパニック障害に?」誰でもなり得る怖さと復活を描いた『パニック障害12年生』

■パニック障害との闘いを漫画化、同じ悩みを持つ多くの人から反響

 インスタグラムで公開した漫画『パニック障害12年生』が、読みやすく面白いと注目を集めているクロバさん(@kuroba_hiroba)。プロの漫画家として活動する中、連載スタートと同時にパニック障害を発症したのが、およそ12年前。闘病の日々を描いた漫画は、同じ病に悩む人の支えになるのはもちろん、パニック障害をよく知らない人にとっても、知識を学べるチャンスとなっている。現在は病と共存しながら、明るい生活を送れるようになったという。

──闘病の日々を描いた漫画『パニック障害12年生』を公開して、反響はいかがでしたか?

 「僕はSNSを使うタイプでもなかったし、最初は悩みました。でも、公開してみたら、同じ悩みを抱えている人からの反響がとても多くて。それなら、漫画家である僕の素性を明らかにしたほうがもっと安心してくれるのかなと思い、この記事が出た後には、本名を公表しようかなと思うくらいになりました」

――絵のタッチが明るいせいか、とても読みやすい作品ですね。

 「病気そのものを擬人化したり、事実を重くなりすぎないように描くことを心がけました。病気になったばかりの頃は、心の中で自分と対話することがとても多かったんです。『今日は大丈夫だよ』『焦るな焦るな!』と自分に言い聞かせるけれど、病気は言うことを聞いてくれない。ならば、いっそのこと病気をキャラクター化して対話させたほうが面白いかなって。僕は本職が漫画家なので、やっぱり読者には楽しんでもらいたい。『面白いと言っていいのかわかりませんが、いい漫画ですね』というコメントをよくいただきましたが、面白い=共感だと思うので、その反応はとても嬉しかったです」

──クロバさんがパニック障害を発症したのは、電車の中だったそうですね。感情のない涙が流れてきたということですが、その前にストレスや疲れが蓄積している自覚はあったんですか?

 「仕事の打ち合わせに行くときに、なにか気持ち悪い、動悸が激しくなる…という変な感じはしていたんです。ごはんが喉を通らないときもあって、最終的には電車の中で、これから取材が始まるというプレッシャーが爆発してしまった。僕はもともと、とても適当で軽い性格だと思っていたのに、自分が精神的な病にかかるなんて本当に驚きました」

──そんな発作があってから、すぐに精神科を受診したんですよね。

 「身内に同じ症状で病院に通う人がいたので、僕もそうかなと思い、最初から精神科を受診しました。後に、身体的にも弱い部分があったことがわかるんですが、精神的な病気はメンタルとフィジカル、どちらがきっかけなのかはわからないそうです。大事なのは、両方を調べて、同時に治療していくこと。ただ、薬については人によって処方も効果も違うので、無責任に言及しないようにはしています」

■多くの芸能人も公表したパニック障害、「かわいそう」より病への理解を

──家族や仕事仲間に病気をカミングアウトしていますが、打ち明けたことで心境に変化は?

 「知ってもらえている、という安心感につながりました。ただ、仕事相手の編集さんには、『漫画家として使われなくなったらどうしよう』という不安もあり、なかなか話せなかったですね。かなり時間が経ってから伝えたのですが、『今までもやってこれたから大丈夫でしょう』みたいな、意外にさらっとした感じで(笑)。僕としてはある程度覚悟をしていましたが、いい人たちに恵まれたんだと思います。仕事もしやすくなり、言って良かったなと思いました」

──以前は、心や精神の病は秘密にされ、通院することも隠すような風潮があったと思います。ここ数年は公表する有名人も増えましたが、病気に対する見方も変わってきたと感じますか?

 「変わってはきていますね。元King & Pinceの岩橋玄樹さん、Sexy Zoneの松嶋聡さん、KinKi Kidsの堂本剛さん、ほかにも星野源さん、IKKOさん、中川家・剛さんなど、パニック障害を患っていたことを公表した方は多いです。少し前には、深田恭子さんが適応障害を公表して休養されていますね。病気が明かされたとき、ファンの方々は『かわいそう』『戻ってきてほしい』ととても心配されたと思います。ただ、自分が同じ病気になって気づいたのですが、心配はできても、その人が抱えるパニック障害について、深い理解に至るのは難しいんじゃないかな、と思うんです」

――たしかに、当事者以外が病気について詳しく学ぶのは、なかなか大変なことですよね。

 「もちろん僕も、みんなと同じでした。でも自分が病気になってみると、気づくことはいろいろあった。薬を飲めば治るわけでもないし、自分でコントロールできるものでもない。そういったことを、もっと世の中のみんなが知ってくれたら、当事者は楽になるんじゃないかと思います。有名な人が公表して病気を知ってもらうことで、誰もが理解し、通院することも隠さなくてよくなる。だんだん世の中が変化してきているのは、すごくいいことだなと思います」

――きっと、励まされる人も多いですよね。

 「発症してもなお活動を続けている方を見ると、『パニック障害なのにこんなにすごい活動ができるんだ』と思えたりする。同じ病気を抱える人には、とても励みになると思います。この病気は、いつ治るのかもわからないし、そもそも完治するかもわかりません。症状も人それぞれだからこそ、カミングアウトしやすい環境はすごく重要だと思うんですよね」

──誰しもがなる可能性がある病気だということが、もう少し知られるといいですね。

 「本当にその通りです。五輪選手やプロのアスリートなど、メンタルが強そうな人でさえもかかる可能性のある病気なんです。パニック障害の症状がつらくて、うつ病に発展してしまう人も多いと聞きます。いろんなタイプの精神疾患はありますけど、パニック障害はそれらの入り口なのかなという気もしますね。そういう意味でも、きちんとみんなに知ってほしいなと思うんですよね」

──メンタルの病を抱えた人は、周囲の人からどう接してもらうと楽なんでしょうか。

 「僕はカミングアウトしているせいかもしれないですけど…自分の病気を知っていてくれて、理解をしてくれる。それ以外は何も求めないですね。いろいろ譲られすぎても、それがまたプレッシャーになるので。人はみな平等だという意識のもとに、普通に接してもらえれば十分だと僕は思います」

──病気と共存しながらの今後、クロバさんは漫画家としてどのように仕事をしていこうと考えてますか?

 「この病気は完全に治すことはなかなか難しいので、治るというより楽になる方法を考えることが大切。なってしまったら、自分のできることから少しずつやっていくしかないんです。例えば、僕がこれから会社員になろうとしても、人がたくさん集まる会社には通えないだろうし(笑)。パニック障害という自分のひとつの個性を持った上で、僕ができること、好きな漫画を描いて行けたらいいかなと思っています。良くも悪くも、僕は僕でしかないので」

(文:川上きくえ)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ