プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

横浜流星、日曜劇場に初出演 『DCU』で初共演・阿部寛の“バディ役”「全力で食らいつく」

来年1月スタート日曜劇場枠『DCU』に出演する横浜流星 (C)TBSの画像

来年1月スタート日曜劇場枠『DCU』に出演する横浜流星 (C)TBS

 俳優の横浜流星が、来年1月期のTBS「日曜劇場」枠のドラマ『DCU』(毎週日曜 後9:00)に出演すること30日、発表された。同枠ドラマ初出演で主演・阿部寛の“バディ役”を務める横浜は、撮影に先立ってスキューバダイビングのライセンスを取得するほどの力の入れようを見せている。

【写真】スキューバダイビングのライセンスを取得!海の中を泳ぐ横浜流星

 ドラマの舞台となるのは、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団「DCU(潜水特殊捜査隊)」。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し、“水中未解決事件の解明”をミッションに掲げる。

 横浜は、水中捜査を行うスペシャリスト集団「DCU」の隊長・新名正義(阿部寛)とバディを組む隊員ダイバー・瀬能陽生を演じる。中学時代には極真空手の世界王者に輝いたこともある運動神経の持ち主である横浜。持ち前の身体能力を活かした水中の演技がどのようなものになるか期待だ。

 本作は、ケシェット・インターナショナル社および、ファセット4メディア社と、海外展開も視野に入れて共同制作される。撮影は、海上保安庁の全面協力のもとで行われ、実際の巡視船や防災基地などでのロケも予定している。水のプロである海上保安庁の監修でリアリティと迫力に磨きをかけ、ダイバー役のキャスト陣も、海上保安庁に所属する本物のダイバーから指導を受けながら撮影に臨む。

<横浜流星>
今回は初共演させていただく阿部さんとバディを組む設定ということですごく光栄に思っています。阿部さんの魅力は絶大な信頼感、安心感、存在感。全てにおいて大きな方という印象があって、だからこそ今回お芝居できるのが本当にうれしいです。現場での阿部さんの全てを学び吸収して、全力で食らいついていきたいです。

この『DCU』は、TBSがハリウッドでも活躍されている制作プロダクションとの共同制作で「新しい日曜劇場」を作るということで、僕自身も日曜劇場の出演は初めてですが、大きなプロジェクトに参加できることで俳優としてひとつステップアップできると思っています。ただまっすぐ熱い魂をもって、失敗を恐れず全力で作品と向き合うことを第一に考えたいと思います。

海洋実習では普段見られない水の中の世界が見られて、それと同時にただ楽しいだけではなく水への怖さも感じることができたので、この両面の感情を大事にしていきたいです。捜査シーンの撮影をする時も気を引き締めて集中力を切らさずにダイビングをしたいと思います。

『DCU』は、ウォーターミステリーという全く新しいジャンルの作品です。このドラマのためにダイビングのライセンスを取りました。まだ台本をいただいていないのでどういう物語なのかすごくワクワクしています。皆さんも来年1月をぜひ楽しみに待っていてください!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ