プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

伊藤万理華、大ヒット映画主演も実感なし「あんまり連絡がこないんです…」

映画『サマーフィルムにのって』大ヒット御礼舞台あいさつに参加した伊藤万理華 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『サマーフィルムにのって』大ヒット御礼舞台あいさつに参加した伊藤万理華 (C)ORICON NewS inc.

 元乃木坂46で女優の伊藤万理華(25)、俳優の金子大地(24)、松本壮史監督が29日、都内で行われた映画『サマーフィルムにのって』大ヒット御礼舞台あいさつに参加した。

【動画】「全裸で走り回った」銭湯で共演者との“裸の付き合い”を告白した伊藤万理華

 大ヒット御礼の舞台あいさつとなったが、周囲の反響について伊藤は「あんまり連絡が来ていないんですよ。いろんなところで、それについて聞かれるんですけど、全く連絡が来ないから、なんとも言えなくて…」と苦笑い。それでも「外からは聞いたりする。力を尽くしてやった作品が、こうしてお客さんに届くと思うと、うれしいなって感じです」と笑顔を見せていた。

 一方の金子は「身近な人が見に行ってくれて、すごく面白かった、という声を聞く。うれしい。とにかく、よかったなという気持ちです」としみじみ。「『何回も見たくなる』と言われますね。初めてです」と絶賛の声が上がっていることを明かしていた。

 同作は、恋、友情、時代劇、SF、全ての要素が詰まった青春映画。勝新(勝新太郎)を敬愛する高校3年生のハダシ(伊藤)は、映画部で撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に武士役にぴったりな凛太郎(金子)が現れる。文化祭でのゲリラ上映を目指し、個性的な仲間たちと映画作りをしていく中、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼は未来からやってきたという秘密があった…、というストーリー。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ