プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

青木柚、ジョニー・デップと共演「人生の大きな財産となりました」

ジョニー・デップと青木柚の共演シーン=映画『MINAMATA-ミナマタ-』(9月23日公開) (C)Larry Horricksの画像

ジョニー・デップと青木柚の共演シーン=映画『MINAMATA-ミナマタ-』(9月23日公開) (C)Larry Horricks

 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどで知られるジョニー・デップが、製作/主演する映画『MINAMATA-ミナマタ-』(9月23日公開)。日本の“四大公害病”のひとつ「水俣病」を世界に報じた写真家ユージン・スミス氏を映画化した本作には、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子ら、日本の俳優も多数出演している。本作が海外映画デビュー作となる、若手俳優の青木柚(20)もその一人。ジョニー・デップと共演した感想は?

【画像】ジョニー・デップと青木柚の場面写真はほかにも

 青木は、映画『14の夜』(2016年)で映画デビューし、その後『アイスと雨音』(18年)、『暁闇』(19年)、ドラマ『きれいのくに』(21年)など、話題の映画やドラマに出演。役によって印象がガラリと変えられる演技力に注目が集まっている。公開中の映画『うみべの女の子』(21年)では主人公の磯辺恵介役に抜てきされ、「恋」と「性」の間で揺れ動く中学生というセンセーショナルな役柄を見事に演じ切り、その熱演ぶりも話題だ。

 そんな青木は本作で、ジョニー・デップが演じる写真家ユージン・スミスから、写真を教わる水俣病患者の青年シゲルを演じた。ジョニーとの共演について青木は「突然かつ、身の丈に合わない機会に緊張していたのですが、いざ、現場でお会いすると、目が合う度に胸に手を当てお辞儀する仕草をして和ませてくれたり、一緒に写真を撮ろうと肩を組んでくれるような、寛大な方でした。『ユージンの特殊メイクしてるから、この写真を日本で見せても誰も僕だって気付かないだろうね!』と茶目っ気たっぷりに笑う姿は、僕の中にとても印象深く残っています。10代のうちにこんな経験ができたことは、僕の人生において大きな財産となりました」と語っている。

 シゲルがユージンのカメラで彼を撮影する様子やユージンがシゲルに語りかけるシーン、互いにじっと目を合わせる場面写真も公開。カメラを通じて2人が心を通わせていく姿も見どころだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ