プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

山口勝平、唐沢寿明出演『ボイスII』出演決定 捜査に重要な手がかり与える「おいしい出番だったのではないか」

『ボイスII 110緊急指令室』第7話に山口勝平が登場 (C)日本テレビの画像

『ボイスII 110緊急指令室』第7話に山口勝平が登場 (C)日本テレビ

 声優の山口勝平が、9月4日放送の日本テレビ系連続ドラマボイスII 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)第7話に出演することが28日、決定した。同ドラマは『ボイス=声』にかけて、毎話人気声優をどこかに起用。山口は「新しいことにチャレンジ出来る機会をいただけて、とてもうれしかったです。体調管理をシッカリやって、なんとしても出演したい!と思いました」と歓喜。演の唐沢寿明との2ショット写真も公開された。

【写真】ついに姿を表した“白塗り野郎”の正体は安藤政信

 今作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を掲げる緊急指令室“ECU”の活躍を描いたタイムリミットサスペンス。2019年放送の前作に引き続き、主演の唐沢寿明が主人公の敏腕刑事・樋口彰吾、真木よう子が緊急指令室ECUの室長でボイスプロファイラー“声紋分析官”橘ひかり、NEWSの増田貴久が彰吾とバディを組む“透ちゃん”こと石川透をそれぞれ演じている。

 山口といえば『名探偵コナン』工藤新一/怪盗キッド役、『犬夜叉』犬夜叉役、『らんま1/2』早乙女乱馬役、『ONE PIECE』ウソップ役等、全世代から愛される数々の名キャラクターを演じてきた。

 第7話では、石川の眼前に県警本部長の死体が…という怒とうの展開で幕を開ける。石川は本当に本部長を殺したのか。樋口が石川を追う…という衝撃のストーリー。山口は「捜査に重要な手がかりを与える役」で登場するという。「おいしい出番だったのではないかと思っています!」と語る山口がどのような形で物語に絡んでくるのかにも注目だ。

 ドラマの撮影では、慣れない現場で緊張気味だったそうだが「撮影現場の一つひとつがとても新鮮で刺激的でしたし、スタッフの皆さんのお心遣いで、とても楽しく撮影に臨めました。そして当たり前なことでしょうが、唐沢さんの集中力に驚かされました」と感想を語る。

 「今回、自分も毎週楽しみにしているボイスの世界に入ることが出来て光栄でした。自分の出番を見るのは、また違った意味でハラハラドキドキですが(笑)、ボイス大好きな皆さんに楽しんでいただけるようがんばりましたので応援よろしくお願いします。小道具にもぜひ、注目してみてくださいね」とアピールしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ