プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【青天を衝け】次回放送は9・12 パラリンピックで2回休止

大河ドラマ『青天を衝け』後半メインビジュアル 撮影場所:東京国立博物館 庭園(東京都台東区) (C)NHKの画像

大河ドラマ『青天を衝け』後半メインビジュアル 撮影場所:東京国立博物館 庭園(東京都台東区) (C)NHK

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。東京2020パラリンピック期間中は2回が休止となり、第26回「篤太夫、再会する」は、9月12日に放送される。

【画像】後半メインビジュアル、ほか6枚

 22日に放送された第25回。帰国した篤太夫(吉沢)は、横浜で杉浦(志尊淳)や福地(犬飼貴丈)らと再会。幕府が薩長に敗れた経緯や、慶喜(草なぎ剛)や幕臣の動向を聞かされる。さらに、恵十郎(波岡一喜)と虎之助(萩原護)から、成一郎(高良健吾)、惇忠(田辺誠一)、平九郎(岡田健史)のその後を知らされる。

 成一郎らは彰義隊を結成するもすぐに分裂し、振武軍(しんぶぐん)として新政府軍と戦うが敗戦。激闘の中、平九郎の行方はわからなくなり、成一郎や土方歳三(町田啓太)は箱館へ向かったという。頭の中が整理できない中、篤太夫は故郷・血洗島へ戻る…という内容だった。

 第26回では、千代(橋本愛)、父・市郎右衛門(小林薫)らと再会を喜びあうが、尾高家に起こった悲しい出来ごとを知り、大きな衝撃を受ける。その後、昭武(板垣李光人)から預かった書状を届けるため、慶喜が謹慎している駿府に向かい、謁見を願い出る。

■『青天を衝け』パラリンピック期間中の放送概要
・8月29日、9月5日…休止
・9月12日…第26回

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ