プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『LOUD』日本人参加者ケイジュ、アマル、コウキはデビューなるか!? ABEMAで見どころ大放出特番第2弾

弱冠12歳の日本人参加者コウキ率いる「ヤングマウンテン」チームの画像

弱冠12歳の日本人参加者コウキ率いる「ヤングマウンテン」チーム

 『Nizi Project』で話題を呼んだプロデューサーで「JYPエンターテインメント」代表のパク・ジニョン(J.Y. Park)と、「江南スタイル」が世界的にヒットしたアーティストで「P NATION」代表のPSYが争奪戦を繰り広げる韓国の次世代ボーイズグループ発掘オーディション『LOUD』。日本では映像配信サービスdTVで配信(毎週土曜 午前0時最新話更新)され、ハイレベルな日本人参加者も視聴者を興奮させている『LOUD』の魅力を、K-POPファンの塚地武雅&朝日奈央がMCとなって徹底紹介する番組が8月31日午後11時に「ABEMA」で放送されることが決定した。

【写真】日本人のケイジュ、アマル、コウキが大活躍中の『LOUD』

 現在dTVで第10話まで配信され、9月11日の最終回第15話の日韓同時生放送も決定している『LOUD』。日本人参加者のケイジュ、アマル、コウキをはじめ、才能の宝庫となっているオーディションの魅力を紹介するスペシャル番組『「LOUD」~今からでも間に合う!見どころ大放出SP〜第2弾』では、JYPとPSYがそれぞれプロデュースを手がけた第3ラウンドと第4ラウンドを中心に、MCの塚地&朝日、モデルの鶴嶋乃愛、ボーイズポップスグループ「プラチナボーイズ」の小池成が見どころを語り尽くす。

 第3ラウンドの「JYPラウンド」では、第2ラウンドで脱落の危機に瀕したケイジュが大ドンデン返しを起こす「ヨンケダム」チーム(ケイジュ、イ・イェダム、パク・ヨンゴン)に注目。塚地は一気に精悍さを増したケイジュの変貌ぶりについて「顔立ちも背丈も変わって、体も周りに追いつくくらい成長!」と驚愕する。

 鶴島は弱冠12歳の日本人参加者コウキ率いる「ヤングマウンテン」チーム(コウキ、キム・ジョンミン、ムン・ヒョクジュン)に注目。「(コウキは)一番年下なのに、年上のチームメイトに慣れない韓国語を通訳しながら…という健気な姿が素晴らしい!こんな弟欲しかった(笑)」と姉目線で熱弁する。

 続く第4ラウンドの「PSYラウンド」は、元JYP練習生のエース候補・アマル率いる「血が違うネーション」チーム(イ・ドンヒョン、チョ・ドゥヒョン、ウ・ギョンジュン)が登場。朝日は「練習風景から仲の良さが伝わって、裏側の映像も見ると頑張ってほしいなと思いますね」と抜群のチームワークを推す。

 参加者が作詞、作曲、振付やコンセプトまで自作する音楽創作チームのバトルでは、小池が個性派の実力者ぞろいの「ベテラン」チーム(チョン・ジュンヒョク、ダニエル・ジェガル、ユン・ミン、キム・ドンヒョン)に注目。「一人ひとり輝いている印象があった4人がどんな化学反応を起こしてくれるのかと思って観てたのですけど、最高でしたね!」と唯一無二の才能を持つもの同士のコラボレーションを絶賛した。

 このオーディションではJYPから1組、P NATIONから1組のボーイズグループが誕生。デビューメンバーがお披露目される最終話は、dTVで9月11日に日韓同時生放送される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ