プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダーゼロワン』フィナーレ バルカン・岡田龍太郎&バルキリー・井桁弘恵が万感の思い

万感の思いを語った(左から)井桁弘恵、岡田龍太郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

万感の思いを語った(左から)井桁弘恵、岡田龍太郎 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の岡田龍太郎、女優の井桁弘恵が27日、都内で行われたVシネクスト『ゼロワンOthers仮面ライダーバルカン&バルキリー』(期間限定上映&11月10日にBlu-ray/DVDリリース予定)の公開初日舞台あいさつに登壇した。

【動画】岡田龍太郎&井桁弘恵、ゼロワン完結に感慨 不破諫・刃唯阿への思いを語る

 『仮面ライダーゼロワン』完結編となる作品で、仮面ライダーバルカン/不破諫(岡田)、仮面ライダーバルキリー/刃唯阿(井桁)が主人公の物語。公開初日を迎え、岡田は「プレッシャーはありました。僕の場合は(変身アイテムの)ゼロワンドライバーもお借りした。2年以上、続いた作品が集結する。最後の最後で外せないという思いはありました」と明かす。それでも「不破諌というキャラクターは途中で変わることはなかった。1本、筋の通った最初から最後までカッコいい、やりやすい役で、同じように最後まで追求できた」としみじみ。井桁も「最初は不安もあったんですけど、やらせていただくからには全力で。私が唯阿を演じるのは最後だと思ったので悔いのないように演じきれたと思う」と作品に込めた思いを明かしていた。

 最後のあいさつで、井桁は「『ゼロワン』が始まってから2年。本編があって、映画があって、Vシネがあって…。Vシネが終わったあとも、こういった舞台あいさつがあって、この作品って、ずっと半永久的に続くものだと思っていた」と抱く思いを吐露。それでも終わりの時を迎え「こうやって皆さんにお届けしたら唯阿の衣装を着ることもないのかなと思うと、すごくさみしい気持ちではある。唯阿を演じてきて悩むこと、不安に思うことがたくさんあったけど、たくさんのみなさんの声援やメッセージをいただけたことで2年間、胸をはって、唯阿として頑張れた。感謝しかないです。『バルカン&バルキリー』を皆さんと一緒に盛り上げて、『ゼロワン』の完結編をたくさんの方に届けたい。最後まで応援していただけたら、うれしいです」とメッセージを送った。

 岡田は「この『仮面ライダーゼロワン』という物語が2年の時を経て完結を迎える。それに相応しいものを刻むことができたんじゃないかなと思っております」と実感を語る。「ヒーロー像というものは、つらい時、苦しい時、あと1歩という時に、心の中で支えてくれる存在だと思っています」と力説すると、「僕自身、不破諌を演じていますけど、不破諌に助けられたことが何度もあります。皆さんの心の中でも、そういった存在に不破諌をはじめ、『ゼロワン』のヒーローたちが残ってくれたらうれしいなと思います」とこみ上げるものをこらえながら呼びかけ、観客から万雷の拍手を受けていた。

 本作は前作『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』から続く物語。A.I.M.S.の隊長・刃唯阿に対し、国防長官の大門寺は仮面ライダー滅亡迅雷の破壊を命じる。この指令に戸惑う唯阿だったが、仮面ライダー滅亡迅雷も、また次の標的を唯阿=仮面ライダーバルキリーに定めていた。さらに、ZAIAエンタープライズの呪縛から逃れた兵士型ヒューマギア=ソルドたちも、自由を求めてA.I.M.S.との全面戦争に乗り出す。一方、滅亡迅雷.netの4人の壮絶な最期を目撃した不破諫は“真意”に気づき始めていた。あくまで自らの“正義”を貫き、仮面ライダー滅亡迅雷やソルドたちとの戦いを拒み続ける唯阿の運命は。そして、ひとつの覚悟を決めた諫は、仮面ライダーバルカンとして、最後の使命を果たそうとする。

 舞台あいさつには、中川大輔、砂川脩弥、山口大地、中山咲月、筧昌也監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ