プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

EXITりんたろー。“チャラ男”封印で心優しき警官役 『死神さん』で田中圭の3人目の“相棒”に起用

『死神さん』第参話に出演するEXITのりんたろー。(C)HJホールディングスの画像

『死神さん』第参話に出演するEXITのりんたろー。(C)HJホールディングス

 主演・田中圭×メイン監督・堤幸彦のタッグによるHuluオリジナルドラマ『死神さん』(9月17日よりHuluにて独占配信スタート)の第参話(第3話)にお笑いコンビ・EXITのりんたろー。が出演することが発表された。りんたろー。はチャラ男キャラを封印し、黒髪に染め、気弱で平和主義の心優しき交番勤務巡査・榎田悟(えのきだ・さとる)を演じる。

【動画】『死神さん』第参話PR映像

 本作は、大倉崇裕氏の同名小説『死神さん』(幻冬舎文庫)を原作にしたミステリードラマ。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(ぎどう・けんにん/田中)が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯に真実を明らかにしていく姿を描く。

 痴漢事件の容疑者として自身が逮捕した人気俳優に無罪判決が出たことから、儀藤の再捜査の相棒に指名された榎田。渋々、事件の概要を説明しているうちに、1日だけという約束で儀藤と行動を共にするハメに。そして、関係者たちから話を聞くうちに、事件の裏で多くの人の人生が狂わされていることを知り、これまで感じたことのなかった“ある想い”が榎田の中に芽生える。

 普段のキャラとは180度異なる榎田役について、りんたろー。は「チャラ男じゃなくて、結構大人しめの役だったので、最初は自分にできるか不安がありました。ミステリー、刑事ものなんですが、儀藤の独特なキャラクターがアクセントとなっていて、そこにりんたろー。がトスをしてますので、そこを注目してもらえたらと思います」とコメント。

 バディを組んだ田中は「りんたろー。さんは、この作品のために髪の毛も黒くしてくださって、一生懸命、作品と向き合ってくれました。ただ、大丈夫かな?ってくらい、心ここにあらずの顔をしていることが多かったので、心配になりました…。本当に緊張されていたと思いますが、りんたろー。さんにしかできない榎田さんになっていて、すごく面白かったです」と絶賛した。

 このほど“俳優”りんたろー。の熱演を収めた第参話PR映像が初公開。儀藤に言葉巧みに誘導され、いつの間にか事件の再捜査に加わっていた榎田。そんな榎田が「真犯人を捕まえないと…」と奔走する一方で、自称“寂しがり屋”の儀藤が、榎田の胸に顔をうずめる姿も映し出され、緊迫感の中にも儀藤の新たな一面(!?)が垣間見える内容となっている。また、事件ごとに替わる儀藤の捜査のバディも本作の大きな見どころのひとつ。第肆話(第4話)以降のゲストも順次、発表予定。

■第参話あらすじ

痴漢容疑で逮捕されていた俳優・正岡柳次郎に無罪判決が出る。最初に痴漢現場に駆け付けた生活安全課の巡査・榎田悟(りんたろー。)の元にやってきた儀藤(田中圭)は、榎田を相棒に指名するのだが、榎田は拒絶。そんな榎田に、「1日だけでいいから、捜査に付き合ってみてくれませんか?」と儀藤は懇願する。榎田は、渋々、儀藤と行動を共にすることになるが、関係者に話を聞くうちに、事件の裏で多くの人の人生が狂わされていることを知り、自分の責任の重さと、警察官として真実を明らかにする義務があることに気づき始め…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ