プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『大阪ほんわかテレビ』笑福亭仁鶴さん追悼企画 間寛平が涙で“最後のメッセージ”

27日放送の『大阪ほんわかテレビ』(C)ytvの画像

27日放送の『大阪ほんわかテレビ』(C)ytv

 読売テレビでは、17日に亡くなった笑福亭仁鶴さんをしのび、あす27日放送の『大阪ほんわかテレビ』(後7:00)で、追悼企画を行うことを発表した。1993年6月のスタート時からレギュラー出演し、番組の父のような存在として『大阪ほんわかテレビ』を支えてくれた仁鶴さんの姿を過去のVTRで振り返るほか、間寛平・桂南光・月亭方正らおなじみのほんわかメンバーに加え、スタジオに駆けつけた元レギュラーメンバーの笑福亭笑瓶、森たけしが思い出トークを繰り広げる。

【番組カット】『大阪ほんわかテレビ』で仁鶴さん追悼企画

 朗らかに笑う仁鶴さんの写真が並ぶスタジオに、ほんわかメンバーが勢ぞろい。仁鶴さんとは50年来の付き合いで、同じく番組開始時からのレギュラーメンバーでもある寛平は「(訃報を聞いて)本当にびっくりしましたね。マネージャーから電話で聞いて『ウソやん!』って。それからずっと泣いてました」と悲しみを隠しきれない様子だったが、楽しいことが何より大好きだった生前の仁鶴さんの追悼企画とあって、あえて明るく、“ほんわか流”の笑い満載のトークやVTRを放映する。

 サービス精神旺盛な仁鶴さんは、番組内でさまざまなことに挑戦して笑いを振りまいた。名物企画のコメディでは、あの大ヒットファンタジー映画の主人公など数々の爆笑コスプレを披露したほか、体当たりロケにもチャレンジし、当時57歳の仁鶴さんが○○で爆走する衝撃映像に、スタジオの南光も「あんな無茶させるの『ほんわかテレビ』だけ!」と大笑いする。

 さらに、昨年末まで21年間レギュラーを務めていた笑瓶も加わって『大阪ほんわかテレビ』収録時の仁鶴さんの思い出を語るトークを展開。人気コーナー『情報喫茶店』で仁鶴さんのとなりに座っていた笑瓶が、収録の合間に思わぬことで「師匠に褒めていただいた」というおもしろ秘話を語るほか、NON STYLEが仁鶴さんの人柄を物語るエピソードを明かす。石田明は結婚したときに仁鶴さんから贈られた思い出の品を「家宝です」と披露し、井上裕介も、まだまだ知名度も低かった若手時代、スタジオで仁鶴さんにかけられた温かい言葉を明かし、「本当にやさしい人でした」と悼む。

 『驚きの仁鶴伝説』と題し、仁鶴さんの輝かしい芸人人生を彩った数々の“伝説”を映像やクイズで振り返る企画も実施。仁鶴さんを全国区のスターに押し上げたあの人気番組や、流行語を生んだあのCMなど、若き日の貴重な映像が満載で、2017年に亡くなった最愛の奥さま“たかこ姫”こと隆子夫人と仲睦まじい2ショットで出演した旅番組のVTRや、『大阪ほんわかテレビ』の特番で実現した明石家さんまとの爆笑対談の映像も大放出する。「今の僕があるのは仁鶴師匠のおかげ」というさんま。“お笑い怪獣”が覚醒するきっかけを作った仁鶴さんとのエピソードが明かされる。

 さらに2010年の特番で、「アースマラソン」挑戦中に前立腺がんが発覚した寛平を励ますため、はるばるトルコを訪ねた仁鶴さんの涙の名シーンも公開されると、寛平が思わず感極まる場面も…。そしてエンディングでは、そんな寛平が“最後のメッセージ”を披露。仁鶴さんへのあふれ出す思いを、涙を堪えながら切々と語る。

 同日深夜1時26分からは『平成紅梅亭 笑福亭仁鶴追悼特番』と題して、珠玉の名高座3席を放送する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ