プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

“お兄たん、起きない…”爆睡兄フェレットをペロペロする末っ子猫、仲良し動物ファミリー飼い主の思い「一緒に成長を見守ってくれる」

話題のペロンペロン動画(YouTubeあにまるファミリーチャンネルより)の画像

話題のペロンペロン動画(YouTubeあにまるファミリーチャンネルより)

 「兄フェレットに甘えたくて、ぺろんぺろんしながら眠る末っ子猫が可愛い」と、寝ているフェレットの頭をペロペロと舐めながらじゃれて、そのまま眠りについてしまう猫の動画がTwitterで話題に。猫はマンチカンのひな子ちゃん(1歳)、フェレットはぷくくん(4歳)。仲良さそうな2匹の姿に、「わー、こんなに仲良くなれるんですね」「クッソ甘えてて可愛い…」「少しも動じないフェレットがすごい」と多くのコメントが寄せられている。種の違う2匹は、どのようにここまで仲睦まじくなったのか。多頭飼育をする上での注意点などを、ひな子ちゃんの飼い主さん(@hinako_munchkin)に話を聞いた。

【動画】「と、尊い…!」フェレットをペロンペロンする末っ子猫、その結末は? 究極の癒し動画

■一緒に成長を見守る、妹マンチカンに対する兄フェレットの大きな愛情

――ぷくくんをペロペロと舐めるひな子ちゃんの動画が大きな反響を集めましたね。

【飼い主さん】わが家では日常の様子ですが、こういった姿に日々癒されているので、同じように癒されて笑顔になってもらえて、とても嬉しかったです。

――ひな子ちゃんとぷくくんは、どんな子なんですか?

【飼い主さん】ひな子は2020年4月19日生まれの1歳の女の子です。ボール遊びや人間のテント遊びが好きで、性格は明るくて、真似っ子が大好き。お兄ちゃんお姉ちゃんに上手に甘える末っ子です。ぷくは、2017年6月2日生まれの4歳の男の子です。性格は優しくて、お世話好き。耳や口元をチェックするのが好きで、「Dr.ぷく」とあだ名がついている甘えん坊な男の子です。

――いつも動画のように仲良しなのでしょうか?

【飼い主さん】かなりの仲良しです。じゃれ合いはよくしていますが、危険なケンカはしたことがありません。

――出会ったときはどんな感じでしたか?

【飼い主さん】まずは、ぷくが一番にご挨拶に行ってくれました。ぷくは初めからひなちゃんに対して優しく、面倒見が良かったです。怖がらせないようにと思ったのか、最初は優しく寄り添う感じで、慣れてきたらじゃれ合いなどをするようになって。成長して身体が大きくなったら、激しく遊んだりするようになりましたね。

――ぷくくんはどんなふうに面倒を見ていたんでしょう?

【飼い主さん】ひな子が初めてケージから出て寝ることになった日から、しばらくの間は、ひなが朝方起きるとぷく兄たちが一緒について行って見守ってくれていました。今はじゃれ合いも激しくなりましたが、ひなが小さい頃はじゃれ合いも優しくて。一緒に成長を見守ってくれていた感じがします。

――現在、猫6匹とフェレット2匹と暮らしているそうですが、たくさんの動物、しかも異なる種類のペットを飼うようになったのはなぜですか?

【飼い主さん】昔から動物に囲まれて育ち、異種の動物がいるのが特別なことではなかったからですね。1日を振り返るとき、一緒に暮らせて幸せで良かったなといつも思います。仲良くてみんなが優しいので、毎日がとても楽しいです。

――多くの動物を飼うことで、とくに気をつけていることは?

【飼い主さん】心や身体の管理には気をつけています。私はスキンシップをするのが大好きなので、毎日みんなにハグをしていますが、そのときに全身を触って身体に異変がないか、甘え方や様子がいつもと違ったりしないかといった心の変化もしっかりと見ます。少食で太りにくい子や、病気に気をつけないといけない子は、食べ方などのチェックもしていますね。

――同じように、たくさんの動物、異なる種類を飼ってみたいという人にアドバイスするなら?

【飼い主さん】私は動物の専門家ではないのでしっかりとしたアドバイスはできないのですが、人間同士でも相性があるように、動物同士でも相性はあります。家族が増えるとお世話が増えて、動物が高齢化すると病気になったり介護が必要になったりする可能性も出てくるので、そういったことをすべて理解してお迎えをしてほしいです。

■障害ある猫への心無い言葉も…、発信することの喜びと悲しさ

――そんな動物たちの様子をSNSやYouTubeで日々発信するのは、楽しくもあり、大変なこともあるのではないでしょうか?

【飼い主さん】大変というか悲しかったのは、目に障害がある桃子ちゃんという女の子の猫がいるのですが、「気持ち悪い猫を載せるな」「閲覧注意と忠告すべき」「みんなは可愛いけど、あの子がいるので残念ですがフォローできません」などと言われたことです。

――そういう声もあるのは残念ですね。

【飼い主さん】そうですね。でも、動物をお迎えできない方に「動画を見ることが生き甲斐になる」と言ってもらったり、障害のある子も関係なく「可愛い」と言ってもらえたり。そうやって知ってもらえることが嬉しいです。

――視聴者やフォロワーに楽しんでもらうために、動画や写真をうまく撮るコツなどはあるでしょうか?

【飼い主さん】その子によって良い角度があるので、それを狙ってみたり、楽しそうな姿や自然に癒される姿を撮影したりしていますね。

――最後に、SNSやYouTubeの読者、視聴者にメッセージをお願いします。

【飼い主さん】私はSNSが苦手で編集も得意ではないのですが、こうして見てくださって温かいコメントをいただけて嬉しいです! ありがとうございます! YouTubeチャンネル『あにまるファミリー』を初めて知った方は、ただ動物がいっぱいいるだけという印象かもしれませんが、動物たちの純粋で優しい姿や、人間と同じで障害のある猫ちゃんもいるってことなどを知っていただけたら嬉しいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ