プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

滝沢カレンが編集長に!? 「絵画」テーマに縦横無尽に妄想

『Oggi』10月号に登場する滝沢カレンの画像

『Oggi』10月号に登場する滝沢カレン

 モデル・タレントの滝沢カレンが、専属モデルを務めるファッション誌『Oggi』10月号(27日発売・小学館)で、“編集長”に就任。新企画「編集長・滝沢カレン」で16ページ丸ごと、企画から構成、取材、執筆までを担当する。

【写真】滝沢カレンが妄想を膨らませたクロード・モネの名画『散歩、日傘をさす女性』

 滝沢といえば、そのユーモラスな「言葉選び」でバラエティー番組などに引っ張りだこだが、同誌でもこれまで短歌連載や料理レシピ解説で、その唯一無二の世界観を披露し人気になってきた。そんな滝沢が、新編集長となって選んだテーマは、「絵画」。本人の知識はほぼ素人と言うテーマを選んだ理由は「名前は知っていたり、好きな気持ちはあるのに、実は知らない…。私にとって“アート”はまさにそんな世界でした。人は、知らないことをそのままにしても生きていけます。でも、この歳になって知ることって楽しい。それを伝えたかったんです」と語る。

 企画は、滝沢編集長が以前から気になっていた世界の名画6点を選び、一枚の絵から縦横無尽に妄想をふくらませ、独自の物語を作り上げてく。例えば、冒頭のクロード・モネの名画『散歩、日傘をさす女性』はこのようなストーリー。

<タイトル:いつだって方向音痴>
「お母ちゃん、ここどこ? 今日は新しくできたお菓子屋さんに連れていってくれるんでしょ」「きっともう着くわよ」。自信満々に久しぶりに顔を上げるとお菓子屋さんを目指して自宅を出たものの、気がつくと聞いたことのない小丘な原っぱにいた。そして振り向くと、町はだいぶ下にみえている。子は、またか、という唖然さを隠しきれずに町を眺めている。<中略>おっちょこちょいながらも、優しい母を見守る坊やが癒やしの僕とも名が高い絵。地図ができたのはこの時代のもっともっと後のことだった」

 モネの名画も滝沢編集長の手にかかると衝撃の物語に様変わり。これだけでない、世界の名だたる名画が次々と奇想天外なカレンワールドに変わっていく。

 「編集長・滝沢カレン」にはほかにも、本人が撮影した空の写真で物語を作ったり、大好きな海苔でいろいろな具材を巻いてみたり、クロワッサンの食べ比べ企画だったりと、こちらも予測不可能な展開。そのすべてが想像の斜め上を勢いよく飛んでいくセンスに、編集部も圧倒される16ページに仕上がっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ