プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

橋本環奈「ちゃぷちゃぷしまひょ」、栗原類と禁断の恋? 『ルパンの娘』場面写真解禁

『劇場版 ルパンの娘』より橋本環奈と栗原類の場面写真が解禁(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会の画像

『劇場版 ルパンの娘』より橋本環奈と栗原類の場面写真が解禁(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

 女優の深田恭子が主演を務める『劇場版 ルパンの娘』(10月15日公開)から、北条美雲(橋本環奈)と三雲渉(栗原類)が、大接近する場面写真が25日、解禁になった。

【動画】深田恭子主演『劇場版 ルパンの娘』第1弾予告

 『ルパンの娘』は、横関大氏の同名小説(講談社文庫)などを原作に、2019年7月期と20年10月期にテレビドラマ化され、ドラマ終了後に映画化が発表された。代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた人気シリーズ。

 本作の舞台となるのは、異国の地「ディーベンブルク王国」。ある日Lの一族の父・尊(渡部篤郎)が突然「泥棒引退」を宣言し、これまで迷惑をかけてきた華と和馬にちょっと遅めの新婚旅行をプレゼントするが、本当の目的は、王国に眠る史上最大のお宝。そしてLの一族最後のお仕事は、華も知らない一族最大の謎に迫ることに――。

 橋本は、名探偵一家の娘・美雲、対する栗原は代々泥棒一家“Lの一族”の長男という役どころだが、公開された場面写真は“もう一つの禁断の恋”の進展を予感させる。常にキリッとした美雲が、艶のある表情で渉の肩を抱き、誘惑しているような姿は、これまでドラマシリーズを見てきた視聴者にとっては驚きの展開となっている。

 このシーンは、劇場版でキーとなる“もう一人のLの一族”の存在について、何やら美雲が秘密をつかんでいると知り、渉が美雲の住むアパートを訪れる場面。そこで渉は美雲から情報を聞き出そうとするのだが「一緒にお風呂入りまひょか。ほな、うちとちゃぷちゃぷしまひょ」と美雲が頬を赤らめ、渉を突如、誘惑する。突然の美雲の変ぼうの理由とは? そして「ちゃぷちゃぷしまひょ」という言葉の意味とは何なのか…。

 本シーンの撮影について橋本は「今回の美雲ちゃんの見どころのひとつですが、撮影では一番難しかったです」とコメディ特有の塩梅に苦労し、監督と何度も相談をして挑んだという。栗原は、橋本と共演経験があったことから「何の心配もなく、安心して演じることができました」と振り返った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ